日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

気まぐれ料理教室 レシピ編

c0120866_13461698.jpg



       昨日まで体感的に暑い!と思っていた暑がり屋?(やっぱりおかしなマイボディ~。もしや
       ・・・????アレッ?苦笑)の私ですが
       本日漸く、過ごしやすさを実感。
       このままどんどん快適な気温になってほしいもんです。ジメジメが何せ苦手なもんで・・・


       さて気まぐれ料理教室のrecipeを一部UPさせて頂きます

       <豚ヒレ肉の黒酢風味>
       材料・・・・4人分
       豚ヒレ肉スライス・・・・200g   玉葱粗みじん切り・・・・1/2個 
       パプリカ赤・黄(5m角)・・・・各30g   水溶き片栗粉、ごま油、塩・・・・各適宜   
       スープ(市販のスープの素でOK)・・・・大2
       
       ☆黒酢タレ  米酢・・・大2  醤油・・・大1  砂糖・・・大2 黒酢・・・大2  
                紹興酒・・・・大2  蜂蜜・・・・大2  塩・・・小1/2

       ***作り方***
       ①豚ヒレ肉は水をすわせ塩を適宜まぶしておく。片栗粉、卵をつけ片栗粉を
         引いたバットにのせておく
       ②ごま油、サラダ油半量ずつ、鍋に入れ180℃の油で①を揚げる
       ③玉葱、パプリカを炒め黒酢タレを入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、そこに②の豚ヒレを
         入れ、絡める。ごま油、塩、スープも同時に入れる
       ④好みで適当にカットした水菜、長葱を入れ皿に盛る
        豚ヒレ肉以外にも白身魚(タラ、スズキなど)も黒酢タレと合いますので是非♪

        <桃の冷製スープ>
        材料
        熟れた桃・・・・2個  桃のジュース(市販品)・・・200cc   牛乳・・・50cc
        生クリーム・・・・50cc  白ワイン・・・・大1  キルシュ、塩・・・適宜

       ***作り方***
       ①桃を適当な大きさにカットし(種を外す)鍋に入れ桃のジュースで5分ほど煮る
       ②ジューサーにかけ、その後漉す
       ③牛乳、生クリームでのばし、白ワイン、キルシュ、塩を入れ混ぜ合わせる
       ④冷蔵庫で冷やし、グラスになどに盛りミントを添える

        <トマトのリゾット>        
         材料・・・4人分
         フルーツトマト・・・・2個  桃太郎トマト・・・・1個  
         ★トマトの種類はお好みで。ただ、フルーツトマトはやはり甘味があって美味しいです
         米・・・・1・1/2CUP  玉葱・・・1/2個  ブイヨン・・・250cc  ワイン・・・大3
         バター、パルメザンチーズ、パセリみじん切り・・・適宜    塩・胡椒・・・適宜

        ***作り方***
        ①オリーブオイルで玉葱を炒め白く透き通ってきたらバターを適宜入れる
        ②お米(洗わない)を入れ、全体に油がいきわたったら、ワイン、湯剥きし種をとった
         トマトを手で潰しながら入れる
        ③分量の半分のブイヨンを入れ、時々混ぜながら弱火で20分~煮込む
        ④アルデンテの状態になったら、パルメザンチーズ、塩、胡椒で混ぜ合わせ
          火を止める
        ⑤皿に盛り、パセリをかけ、お好みで更にパルメザンチーズをかける
  
  
        アボガド、蟹、トマト和風だしジュレは、ジュレさえ作れば後は混ぜるのみ
        (予め、マヨネーズ、醤油、レモン、塩、胡椒でアボガド、蟹、トマトは和えておく)
        和風だしジュレは、だしはかつお節と昆布でとり、みりん、醤油で味付けたものに
        5gのゼラチンを入れ300cc~を目安に作り冷蔵庫で冷やす。



        

          3種のトマトの盛り合わせは今回はアイコの2種は、ツナとケッパー
          (オリーブオイルで炒める)を和えたものと、モッツァレラとオリーブにビネガー
          オリーブオイル絡めただけ。
          
          ピッコラカナリアはそのままでも良かったのですが、頂き物の美味しいバルサミコ酢が
          あったので、煮詰めてちょっとかけてみました。
c0120866_1347460.jpg

          ↑マルピーギのBALSAMO DIVINOは濃くと甘みの中にソフトな酸味があり美味しい。
          お気に入りのフレスコバルディ・ラウデミオのオリーブオイルと共に使用する
          と更に美味しさがUPと知ったので早速試してみようと思います!

          
*プライベートブログ”CREAな生活”も覗いてみてくださいね
by minoise29jp | 2009-08-26 13:47 | recipe | Comments(0)