日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

3行レシピなるもの


c0120866_21595737.jpg



        “3行レシピ”ブームの火付け役となったのは『おつまみ横丁』
        と料理本らしい(産経新聞に記あり)
        家呑みが増加し、ちょこっとおつまみで寛いで呑む
        フツーのこととも言えますが、グルメブームがそろそろ終焉し、昔のちゃぶ台deトーサン
        が戻る?とは思えません・・・なぜって家呑み派は若い男女に多い(20代)だと。

        と言うことで、アラフォーバブル世代以上はやっぱりネオンが好きと決定!(勝手な意見)

     
        どちらも好きなワタシと言えば3行レシピは当たり前でございます。 
        
        さてこの日は2日後に渡欧するオチャケラバー友人と家呑み@女将家。
        ワインをゆっくり楽しむ3行レシピなるものでおもてなし♪

        recipe2品ほどご紹介。
c0120866_1151582.jpg

        2種のカナッペ。
 
        <recipe>
         帆立とイクラのカナッペ・・・①帆立と小葱を粗みじん切りし粒マスタード、塩、胡椒
                           オリーブ適量で和える
                       ②細フランスパンをトーストし、①をのせ、その上にイクラ適量
                            をのせる
                          2行でOK★

        
         帆立のタルタルカナッペ・・・①タルタルソース(市販でもOk.因みにこちらはオリジナル)に
                            胡瓜orピクルスを適量みじん切りしたものを和える
                         ②薄くカットした帆立をバターで表裏焼き、塩、胡椒
                         ③細フランスパンをトーストしたものに①をのせ②をのせる
           
                           
c0120866_1161827.jpg

        イチジクと生ハムのせ。
        <recipe>
      
           ①イチジクは皮を湯剥き6等分にカット
           ②生ハムをのせ、パルメジャーノをかけ、バルサミコ酢を煮詰めたものに
             オリーブ、塩、胡椒を適量入れ、イチジクと生ハムにかけイタリアンパセリを添える





c0120866_1174776.jpg

         もっと簡単だったりする、この夏度々テーブルに上ったアサリとムール貝は白ワイン蒸し

c0120866_1182325.jpg

         ジャガイモのピュレ・コンソメジュレのせは久しぶり。3行プラス?行レシピってか。


c0120866_1185499.jpg

         パルメジャーノと松の実のフジッリ

c0120866_22523263.jpg

         デザートはイチジクの赤ワイン煮


c0120866_2211620.jpg

          ワインは定番サンセール。好きなんだな、これが・・・・

c0120866_2231261.jpg

          年の半分程はイタリアに在住するワイン通友人持参のデザートワイン。さすがです。
          Ronco delle Betulle. 2005 Picolit
          Colli Orientali del Furiuli DOC


          日頃デザートワインはあまり頂かない身ですが、こちらフリウリの宝石とも
          呼ばれるPICOLIT。
          甘いという単純なものではなく、奥深い自然な要素がたっぷり感じられる
          スィートさに久々に満足させられるデザートワインに出会えたかも。
          最近ワインの嗜好が少し変わりつつあるワタシであり、秋・冬と新しい感覚の
          ワインもどんどんトライしてみたいですね~
          あっ、もちろんお供は3行レシピですが・・・・(笑)
by minoise29jp | 2009-09-07 23:29 | cooking class | Comments(0)