日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
My cooking cla..
at 2016-04-03 14:41
Hatchobori Oka..
at 2016-03-12 22:35

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

早速・・・

c0120866_112129.jpg




     実は軽井沢から戻った2日後に友人が食事に来ることになっていたので
     合わせてSOLARISワインを購入したのである。

     どちらかと言うと入念な準備をするタイプではなく(汗)至ってひらめきタイプの
     行き当たりバッタリと言うキャラですが、一応料理はそのワインに合わせ1,2品は
     マリアージュを狙うのが楽しいのだ♪


c0120866_1132259.jpg


     ANAファーストクラスで使用されているSOLARISのシャルドネ・マセラシオン・リミテ
     ファーストクラスなど間違っても乗る機会はないので(笑)せめて、そのワインの味わい
     だけでも感じてみたい・・・・ですよね。

     ワインエキスパート保持者の友人で、現在もワインの関係に携わりながら 
     日々勉強中のYさんと早速SOLARISで盛り上がることに(バンザーイ★)



     まず前菜の2種はこちら・・・・

     これまた、ひらめきと言うより、なんちゃってですが“シェ・草間”さんで頂いた
     ラタトゥイユのコンソメゼリーを真似てみました。(パクリですか!?・・・笑)
c0120866_1142780.jpg

     キャビアの変わりにとんぶり、大ぶりの海老ではなく小ぶりのむきエビと庶民的に
     変更★
     


c0120866_1145550.jpg


     パプリカのムース・ミントジュレは・・・・ほぼ近い味かと?!(自画自賛♪)

     さてSOLARISとのマリアージュは・・・ブラインドしたら国産ワインとは思えなかったかも
     しれません。大絶賛!!とは行きませんが、なかなか。
     辛口と言っても酸味が強いわけでもなくどちらかと言うと優しい感じ。

     コンソメゼリーとラタトゥイユのMIX、パプリカムースとミントジュレの甘味+ハーブの
     甘~い誘惑的な感じが一瞬SOLARISシャルドネに騙されそうで騙されない・・・
     チョイ悪オンナとでも言いましょうか(笑)・・・なマリアージュを楽しめたかも?(あくまでも個人的にですけど・・・)

     ここで、ワインアドバイザー保持者も参加。
     ワイン談義に花が咲いたのは言うまでもありません
      (と言うか、私だけ、フツーの人?!ワイン摂取量だけは負けない人生なんですけどねぇ・・・微笑)



c0120866_1161895.jpg

     お次は赤。
     A.F.Gros のブルゴーニュ、ピノノワール。
     濃縮感は望めないけど柔らかなシルキーなタンニンは舌に程良く、
     下記の二品(アンチョビソースもこれならOK)には、まずまんず。

     “揚げ野菜のアンチョビソースかけ”
c0120866_1165052.jpg


     “帆立のバジルクリームソース” 
c0120866_1172535.jpg


     〆は“ラタトゥイユのリゾット”(前菜のラタトゥイユをもちろん使用。手抜きじゃないですゾ)
c0120866_1183148.jpg


      ワインと食事と語り合いながらゆっくり楽しめた秋の夜でした♪
      最後に上記メニューより、2品ほど簡単レシピを・・・

    <揚げ野菜のアンチョビソース>
    
    ①好みの野菜は(今回は、カブ、ジャガイモ、ペコロス、レンコン、インゲン使用)片栗粉を
      薄くまぶし油で軽く揚げる
    ②アンチョビソースを作る(にんにくすりおろし(1/2~1片お好みで)、サラダ油 大1/2
       マヨネーズ(大4~5)、アンチョビフィレ4尾(ペーストなら大1弱) 醤油 小1/2
     塩・胡椒適宜)
    ③揚げた野菜に②のソースをかけ、お好みでパセリのみじん切り散らし、混ぜて
      頂きます



     <帆立のバジルクリームソース>

     ①オリーブオイルでホタテの両面を焼き(塩・胡椒適宜)お皿に取りだす
     ②帆立を取り出し、皿に盛りフライパンに★→(醤油 小1、白ワイン 大2、生クリーム 大4
      砂糖 小1/2、 コンソメ 少々、胡椒 適宜)を良く混ぜ合わせたものを入れ煮詰める。
      みじん切りしたバジル大1/2~1を加え混ぜ①の帆立にかけ頂きます。
by minoise29jp | 2009-10-06 12:44 | cooking class | Comments(0)