日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
My cooking cla..
at 2016-04-03 14:41
Hatchobori Oka..
at 2016-03-12 22:35

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

ワインはボトルで・・・

     
     先日ナチュラルローソンで見かけたこちら・・・・

c0120866_22553332.jpg

     カップワイン。
     カップ酒は普通と思ってましたが、ついに出ちゃったのね。カップワイン。
     グラス一杯分の容量を手軽にこのまま呑む?!のが狙いなんでしょうか。
     チャレンジャーなので善し悪し別に買ってみました。

     値段は確か¥200代。
     このまま呑もうと口にするとグラスが厚すぎて口元の収まりが悪いです。結局ワイングラスに
     入れ呑みました。
     アウトドアでサクッと呑むためのワインだとしたら、特にこのグラスでなくても良い気がします。
     いつだったか缶のワインが出た時も、なぜそこまで?と思ったことがありました。
     ワインはやはりボトルでワイングラスに注ぎ呑むと言うプロセスが楽しく、美味しさも引き立つ
     気がするんですけどねぇ。
     もちろん嗜好品なので、それぞれ呑み方は自由ですが、ワインは歴史であり文化の賜物と
     思っている(いえっ、その通り!!)ワタシにとっては、なんでもかんでもアリって言うのは
     どうなんでしょ?って思ってしまいます。(因みに↑のメーカーさんの批判ではなく、あくまでも私見でして・・・・)

     気分を変え、先日直近が仏より持ち帰ってきたこちらのワイン。
c0120866_22564513.jpg

     Moulin-à-vent2006
     クリュ・ボージョレ(村単位のAOC)の一つであるムーラン・ナ・ヴァン
     若呑みがいいとされる中でもこの地区のワインは、ボジョレーのなかで最も熟成に耐えるワイン
     と言われ、10年くらいおいしく飲めるものもあると聞いてましたが、まさにドンぴしゃり。
     2006でもかなりの熟成感があり、ブラインドしたらガメ種とは絶対に思えないくらい
     パワフルで芳醇なバランスの良いワインでした。

     
by minoise29jp | 2010-06-20 22:58 | wine | Comments(0)