日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

フィレンツェでワイナリー訪問

トスカーナ地方のワインと言えば誰もが知る”キャンティ”があります。

今回の旅の目的で忘れてならないのがワイナリー巡り。限られた短い滞在なので1,2カ所訪問
できれば御の字...
と言うことでプライベートツアーを利用しワイナリーを訪問しました。
c0120866_15241978.jpg

フェラガモ家のワイナリ-ことTenuta Il Borroへ行ってきました。

フィレンツェから車で1時間弱の郊外に位置するボッロ村にワイナリーがあります。
c0120866_15245197.jpg

ボッロ村はキャンティクラシコ地区近くにある村でこの広大な敷地をフェラガモ氏が
丸ごと購入したということで、ワイン造りはもちろん、他、宿泊施設や教会、ショップなど
もあり、最近では日本からウェディングツアーも実施しているようですね。

到着後、先ずは村を散策。貸し切り状態の村散策は少し寒かったですがとても気持ちがイイ。
丸ごと欲しいくらい(笑)

その後ワイナリー見学とテイスティングと、段取りの良い現地のスタッフに案内されて
行きます。

c0120866_15252074.jpg



c0120866_15255738.jpg


c0120866_15275468.jpg

c0120866_15282625.jpg

葡萄のフレンチオーク樽が素晴らしく奇麗に並び、品種毎に分けられています。
c0120866_1528575.jpg

一部約300年前?!のままのカンティーナもありました。スゴイですね。

テイスティングは中間エリアの落ち着いた雰囲気の中で行われます。
c0120866_15293644.jpg

c0120866_15295631.jpg

わかりやすいスタッフの説明に白:1、赤:3と試飲できます。

あえてキャンティではなくイル•ボッロと言う名前にしたのもわかる気がするくらい
独自の良さを出している新しいトスカーナワイン。
c0120866_15302566.jpg

メルローとカベルネソーヴィニョンを90%以上でブレンドしているのはもはやボルドースタイル
です。
因に畑の総面積45haはメルロー、シラー、カベルネ•ソーヴィニョン、
サンジョヴェーゼ、プティヴェルド。

帰りの事も忘れ4本購入。他、オリーブオイル、蜂蜜なども販売されているので試飲時に
頂いたオリーブオイルも購入。
帰国後ワインは既に2本呑んでしまいました(泣)
とは言え心配無用。日本のエノテカさんが唯一販売してますので、気に入ったものは再度
購入できます(しかしお値段がexpensiveなのですよ....)

今回は大きなワイナリーとしてはここだけしか行かれなかったのが残念ですが、次回は
巡って巡って巡りたいですね★
by minoise29jp | 2012-01-23 18:20 | trip | Comments(0)