日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

春の食材漂うフレンチ×日本酒

フレンチとワインのマリアージュは普通にあり、もちろん好きですが
フレンチと日本酒のマリアージュ!!そんなステキな会があると聞いたので是非♪参加って
ことで週末金曜日に行ってきました。

場所は銀座のl'Odorante(ロドラント)

店内はシックでとても落ち着いた雰囲気(照明がなんともイイね♪)
c0120866_23115678.jpg


テーブルのしつらえも諄くなく心地よい
c0120866_23122985.jpg


シェフこと今帰仁さんの春をテーマにした料理の説明から始まりその後この会の日本酒を
セレクトした赤坂三河屋さんのご挨拶で宴スタート

先ずは喜久醉 純米大吟醸 山田錦 (静岡県) 青島酒造
c0120866_2313279.jpg

いきなり度肝を抜かれた喜久醉の香りとテイスト。

料理の始まりはこちら
“北海道函館産鮑のエマンセと山菜 コルザの香り”
c0120866_23132835.jpg

鮑好きは言う迄もなく和な香りが喜久醉を更に確かなものに....

2本目のお酒
春霞 純米吟醸 おりがらみ 美郷錦 (秋田県) 栗林酒蔵
c0120866_2314991.jpg

春のテーマにぴったりのネーミング。ボトルもグリーンで奇麗ですね

“春の山菜と新筍2種のイカの温かいサラダ仕立て 手長海老のエキスで”
c0120866_2314352.jpg

筍は早いところで鹿児島産がスーパーでもお目見え。小ぶりですがこちらも鹿児島産。
手長海老のエキスがたまりません。

3本目のお酒
大那 純米吟醸 春摘み新酒 火入 五百万石 (栃木県) 菊の里酒造
c0120866_23151652.jpg

ピンクのラベルが特徴的で味わいも同様奥深く甘味がありチェリーブラッサムな可愛い感じ?!

“小田原産ホウボウのプレゼ 蜆風味のブールブランソース 新岩海苔のリゾットと共に”
c0120866_23172917.jpg

蜆のソースなんて初食です。お酒を呑んだ翌日は良くしじみのみそ汁を食べますが蜆もフレンチで
活躍できるなんてスゴイ☆旬の岩海苔は青森産です。

後半は呑む方も気合いが入ります。何故って呑んでいるうちに何が何だかわからなくなって
しまうから〜(笑)
4本目のお酒
七本鎗 純米大吟醸 搾りたて新酒中取り 渡船 (滋賀県) 冨田酒造
c0120866_23181995.jpg

ラベルのデザインがとても洒落ていたのでそれだけで美味しさ倍増です。
キレのある辛口がMy好み。この時点で今日一!と決め込みましたが、あとにも素晴らしいのが
来てしまって困りました。


c0120866_23185860.jpg

“ドンブ産鶉のインペリアルロースト 新牛蒡と蕗の薹か折るキャベツのシフォナード
この鶉は鶉の中でも最も大きい鶉とのこと。隠し味の蕗の薹が解毒効果をさりなげなく演出してくれ
春野菜ラバーにとっては嬉しいテイスト。

5本目のお酒
c0120866_2319347.jpg

寫樂 純米吟醸 山田錦 生 (福島県) 宮泉銘醸
ここでまた悩む羽目に。福島はやはり良いお酒がありますね〜と普通に言ってしまいます。
日本酒業界でも只今アツイ宮泉酒蔵の“寫樂”う〜む、ディープです。

c0120866_23205988.jpg

友人のBD前夜でもあったのお店側がささやかなネーム入りデザートとキャンドルサービスを
してくれた。
後からきづいたのですがVIP席だったのはBDの友人のためだったとお店の配慮に乾杯♬
c0120866_23202373.jpg

そのデザートは“クープ•スリジェ 桜とショコラブランのムース”
和と言うより中華のデザートを彷彿させるテイストですが、あまりデザートを頂かない私にとって
ラストで〆のこの様なフレンチデザートは胃に非常に嬉しいです。
そして最後のお酒はこちら
c0120866_23212035.jpg

一白水成(いっぱくすいせい) 純米吟醸 美郷錦 (秋田県) 福禄寿酒造
〆はさすがに強烈にアピールできるものを用意した感じ?!
名前もさることながら、その味わいはボリュームたっぷり。最初と最後をきちんと
することで食事もさらに素晴らしく、また途中一本一本と日本酒の説明を丁寧にしてもらったこと
そしてホールスタッフの皆さんのスマイリーでフレンドリーな肩肘はらない会にお邪魔できて
久しぶりに大満足なディナーでした。

最後はハーブティーで意見交換しながらの場の雰囲気はお店のスタイルそのものが物語って
いました。
c0120866_23215351.jpg


次回も是非参加したいロドラントさんのお店でした。ワイン会も言ってみたいですね♡
by minoise29jp | 2012-03-19 00:32 | gourmet | Comments(0)