日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

YAKITORI & WINE・・・・PAVAROTTIを偲んで

c0120866_11384093.jpg


        大好きな3大テノールの一人、LUCIANO PAVAROTTI さんが死去されました。
        思えば中学時代初めて“カタリカタリ”を聴き、そのカンツォーネの素晴らしさに
        魅了され、女将のちっぽけな音楽史の極意とでも言うべき存在の一人でもあったパヴァロッティ。

        何らかの壁にぶつかったり、癒されたいとき聴いていたCD↑。その昔はカセットなんてもので聴いていたりしたっけ・・・・
        (今も聴きながらブログを書いています。特に好きなのはやはり彼の歌うTORNA A SURRIENTO!

        トリノオリンピックでのトゥーランドット(イナバウアー静さんの踊りもさることながらお見事)で花を添えたパバロッティさん。
        残念ながらが最初で最後の舞台になったそうです。

        歌はもちろん人柄も寛大で、慈善事業も率先して行っていたそうです。
        世界に名だたる彼の歌は永遠に忘却されることないと信じ、今後もCDを通してステキな歌声を聴いていきたいと
        思います。


        そんな週末は久しぶりにパバロティさんを偲ぶかのようにVin Vin Vin!オンパレード。 
        近頃専らYAKITORI&WINEのマリアージュを探求中。

        高級焼き鳥店の先駆けとも言える超有名店と言えば">“銀座 バードランド”               
         奥久慈軍鶏を使用の焼き鳥店。そしてワインも豊富。美味しいけど値段も良いですね~。
        焼き鳥&ワインの楽しみを教えてくれた店の一つ。昨年姉妹店のバードコートに行って以来ここ最近行ってませんが・・・・

         今回のお店は人形町の“焼き鳥 荻”(実は再訪)
         
c0120866_12383016.jpg

         甘酒横丁交差点から1分ほどにあります。
         ここもいわゆる、焼き鳥とワインでお楽しみください♪と言うお店。もちろんソムリエもいらっしゃいます。

         まずはやはりワイン

c0120866_12431561.jpg

         こちらは軍鶏の他、イベリコやラムなどの焼き物もあるのが嬉しいです。
         やっぱりピノノワールが吞みたい!そしていろいろ試した結果鶏肉にはやっぱりピノのちょっと若めが合うと思う女将です。

         CHAMBOLLE-MUSIGNY 2001
         DOMAINE Jean RAPHET et Fils
         ピノノワール100%
         こちらのドメーヌは知らなかったのですが後に↑チェックしてみたら、なるほど。っていう感じでした。
         MOREY SAINT DENISにドメーヌを持つジャンラフェさんのシャンボールミュジニー。みずみずしい果実香。若さも次第に落ち着き
         酸味も柔らかに鴨ネギ焼きとは特に相性バッチリでした。
c0120866_1314459.jpgc0120866_13142197.jpgc0120866_1314373.jpg

        左の鴨ネギ、中央のつぶ貝のアンチョビソースはリピーター間違いなし。

c0120866_13163846.jpgc0120866_13165857.jpg

         左のラムのブルソース・・・イケました。シラーズと合いそうです。
         

         偲ぶ思いがより一層ワインを進ませます。急にジョンコルトレーンばりの曲が聴きたいと!と言われてもニューオリンズ
         じゃあるまいしライブを直ぐに聴ける店(しかも美味ワインがある店って少ないんですよ)ってなかなかないのが現実。

         でもありました(笑)。と言うより、コスパ間違いなしのライブ。
         その名もマンダリンホテル東京内にあるMANDARIN BAR         




          平日は10時以降常時満席に近いらしい。(まぁビジネスマンエリアですから仕方ない)
          週末で良かったかも。こちらミュージックチャージなしで、ジャジーな気分が味わえるんです♪
          最初通されたカウンターからは音しか聴こえず、寂し過ぎる!ってことで、スタッフに近くの席が空いたらヨロシクですと懇願。
          運良く直ぐに案内されかなり間近で大満足。
c0120866_1339654.jpg

          ピアノとベースは日本人でしたが、サックスが外国のお方。雰囲気あっていいわ~(できれば3人とも外国人で黒人のお方だったら尚良)

          
c0120866_1342710.jpg

          グラスでムルソーを頂き、その後赤ワイン↑。
          リクエストの“ミスティ”も演奏して頂き、美味しいワイン尽くしの一日で幸せでした。
          念のためこのバーでJAZZYな気分になるためにはこのエリアに座らないと意味がないのです。何故って演奏者は何故か
          中央の階段裏で演奏なのです。音楽がメインではないのはわかるけどもう少しオープンでもよろしいのでは?!
          とふと思ってしまいました。
          
by minoise29jp | 2007-09-10 13:56 | wine | Comments(4)
Commented by chatozo at 2007-09-10 21:43 x
た~くさんの素敵なお店、ほんと羨ましいな。
焼き鳥とワインでお楽しみできるお店、私の次なる地にあればいいな~(まあないでしょう~)
姉さんのブログで楽しみますわ。
Commented by minoise at 2007-09-12 11:21 x
少し東京寄りになったんだから以前より来やすいんでは?!
遊びに来たときはご案内しますわよ。

逆に新天地の良いとこ探して教えてね。そのエリアちょっと興味ある地です
Commented by Muu at 2007-09-13 00:10 x
こんばんは
パバロッティさん本当に残念です。
お医者様からのダイエット命令が出てもなかなかワインをやめられなかったパヴァロッティさん。
ワインを飲まないの食事が喉を通らないんだ!
と訴えていたのを一酒飲みとして、そうそう!と頷いていたのがな懐かしい・・・。
御冥福をお祈りいたします。
Commented by minoise at 2007-09-13 22:37 x
Muuさん★

pavarottiさん。Muuさんにとってはまた格別な思いがあるんでしょうね
そんな秘話があったなんて・・・でもわかりすぎて怖い。
吞まない日は、食事なんでも良いなんて思う日がありますもの。
ドッグの結果が思いのほか良く、安心してまたまたやってしまいそうでコワイです・・・・(苦笑)