日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

やっぱり形容詞がお似合い♪

        
         秋ほど形容詞の似合う季節は他にありませんよね。
         実りの秋、読書の秋、芸術の秋・・・・

         秋生まれの身としては初秋より晩秋に思いを寄せます。晩秋の肌寒い夜の東京が大好きです。これから迎える冬を
         身体で感じ、暖かくなるために一杯(やっぱりここに行き着くのね)
         もーたまりません!!ガクッ。

         さてやっぱり秋といえば芸術。暫し芸術に浸りたいと思います。
         
c0120866_15331651.jpg

       
         先日まで日本橋高島屋で行われていた”藤田喬平 雅の夢とヴェニスの華展”の最終日に行ってきました(大阪高島屋で
         明日から開催されるようです)

         友人に頂いたチケットで兼ねてから一度鑑賞したかった藤田喬平さんの作品。
         噂には聞いていましたが、あまりの華麗で、豪奢な作品の数々で、言葉もありませんでした。
         素敵とか、素晴らしいなどと言うものではなく、ただただ圧巻。
         特にワタシを魅了させてくれたのは、作品のスケールは言うまでもなく、カラーバリエーションの品々。
         
         また中でも目を引いたのは後期の制作地であったVeniceのオブジェ。あのカラーコーディネートを生み出すのは
         日本の文化、土地、気候など様々なものを目で感じても色彩としては表現できなかったことでしょう。
         異国の地に住み着き、そこに住む人間、空気、風、太陽から様々な物を得、感性を磨かれ、彼独自のオリジナリティー
         作品が生まれたのでしょうね

c0120866_16211245.jpg

         テーマ:風 wind
          派手な躍動感のイメージはなく、それでいてダイナミックなこの作品を一番気に入りました。



c0120866_16235715.jpg
c0120866_1624890.jpg

c0120866_16243338.jpg
   
          Veniceの花瓶たち・・・カラーの可愛さにメロメロです。




         続いては半年ほど前からブログをきっかけに楽しみにしていた、フランス在住アトリエマツダ-ステンドグラス工房による作品展。
         5年前から年に一度東京で開催されているようです。 

        “ EXPOSITION DE VITRAUX ステンドグラス作家展 ”
c0120866_21174921.jpg
               

       



 
         ヨーロッパに行くと、度々教会に行き、そこでステキなステンドグラスに出会え癒されますよね。今回工房のマツダ氏と会え
         フランスでの活動や工房のお話を伺え満足。

c0120866_21205613.jpg

         和の雰囲気のステンドグラスが何故か落ち着きます


c0120866_21215435.jpg

         ミステリアスなものまで・・・
         
         充電中(とは言い訳ですが)でこんなに時間を持てる今、いろいろな物に触れられて嬉しいですね。
         小さいギャラリーでフリーで開催している展示会でも優れたものはまだまだ沢山あります。時間を有効に使うことが
         今の私に与えられた使命と思ってアートな秋を存分に楽しめたら幸いです。


        オマケ。
        やっぱり欠かせない映画もまず1本観てまいりました
        愛しのブルースも出演の“パーフェクトストレンジャー”
        久々のマイヒット!
        ストーリー性も抜群、ハル・ベリーの迫真な演技はお見事です。ジョヴァンニ・リビシも引けをとらない演技力。
        ブルースの役どころにはちと不満でしたが(エロチックなオヤジ風な役柄はPBだけでお願いします・・・)トータル的には
        好きな作品です。
     
by minoise29jp | 2007-10-09 16:51 | event | Comments(6)
Commented by junjapon at 2007-10-10 01:21
こんにちは! おお~!素晴らしい!Veniceのカラ-の花瓶のお写真の、特に素敵だな~!ステンドグラスも素敵ですね~!

↓松茸、美味しかったでしょ~ね~!いいな~!でも1本6000円でも、私としては清水ゆきです・・・・。Minoiseさん、豪華~!!
Commented by Muu at 2007-10-10 04:30 x
うわア、素敵ですねー!
他の作品も繊細で美しいけど、私はなんと言っても、この真っ赤で真っ赤なのが好きです。
なんともいえない色だなあ。実物はさぞすばらしかったのでしょうね!
一転、ステンドグラスは、従来あるものとはまた違って、暖かくて優しい色彩ですね。まるで影絵のようです。
お蔭様で、優しいひと時を過ごせました。
ありがとうございます!
Commented by masamin0811 at 2007-10-11 18:06
こんなに沢山掲載していただいて嬉しい限り。
有難うございます。(*^_^*)
合羽橋から入谷に戻る途中に変わった酒屋とワイン系のビストロみたいな店見つけなかった??
今度、一緒に開拓しましょ!
Commented by minoise at 2007-10-12 13:18 x
junjaponさん★

素敵でした。
やはり時々芸術に触れ、感性を磨くことって必要なんだな・・・と
つくづく思います。
日本の規模の小ささがネックだと思い込んで以前はあまり積極的じゃなかったんですけどね・・・・

ふふふっ。松茸。毎年一度ですからね♪
Commented by minoise at 2007-10-12 13:34 x
Muuさん★

真っ赤に燃えた~♪やっぱりMuuさんったら情熱の赤ですね。
ワタシのお気に入りもそうですが、作品が大きい!ビッグ!です。
50畳くらいの部屋に1,2作品おいてワインを吞みながら鑑賞したい・・・・
ステンドグラスも、もちろんオーソドックスなものもありましたが、作品は少なかったですが革新的なものまで堪能でき、芸術の秋に乾杯♪ですね。
Commented by minoise at 2007-10-12 13:42 x
良いのもは良い。これに尽きますね。

2件ほど、仏レストランとワイン居酒屋を発見。
仏レストランは六本木ル・セップの渡辺シェフが独立オープンした
店のようです。意外な場所に・・・・日比谷線沿線の我らには
ラッキーですね♪