日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

singaporeの旅。題してサバイバル?旅行③

         ここでまたまたローカルにちとBACKさせてくださいましーー♪
         大事なローカルフードをご紹介しなければならないので・・・・
         
         女将チャレンジャーになる。
         以下初トライの料理です(涙あり、笑いありの初フード。ウソです)

         まずはアラブ街人気のレストランZAM ZAMでディナー。
c0120866_19435048.jpg

         大人気でしたよ。なんたって、入れ替わり立ち代わり来客。8割アラブ&インド系。中華系2割。この日の
         ニッポンジン我々のみ。コワッ。(ショックだったのはドリンクはオールノンアルコール。イスラム系って禁酒でしたっけ?)

         ガイドブックでお薦めと皆がオーダーしてたものをとりあえず1品ずつお願いしました。ドリンクは缶ごとスプライト!
   
c0120866_1948508.jpg

         クィッテアオゴレン。ナシゴレンのきし麺炒めのようなもの。かなりホット!!麦酒が欲しくなります。でもスプライト
         で、我慢。激辛OKの女将でも結構キターー!でも美味しいです。

         そしてこのお店の自慢の一品。
c0120866_19515865.jpg

         ムルタバ。お好み焼きとクレープを足した感じ。
         中の具はチキンやマトンがあり、それによってタレが違うようです。マトンはカレーのソース。チキンはチリトマトソースの
         ようなものをつけて食べます(写真左上)
c0120866_19535248.jpg

         中味はこんな感じ。(あまり美しくなくごめんなさいまし)

         合計で9・2S$(日本円で約800円)です。夕食でこの値段。ありえない・・・・ノンアルコールで女将がんばりました。
         でも、人気の通り、これならワタシも食べられます。思ったより美味しく頂けました。

         次の料理はランチで行ったニョニャ料理。
         Chilli Padi
         その場所は中心からタクシーで20分近くかかり、マレー系の人々が在住するエリア、Chiat Placeと言う場所に
         あります。ランチ時間ですが、人はまばら。場所柄ビジネス街ではないので近所の在住人が来てるのかな?と言う雰囲気。
c0120866_2091570.jpg


         マレー・中国の混血文化、すなわちペラナカン文化という独特の文化の料理ってどんな感じ?!期待大!でお薦めをオーダー。
c0120866_20103244.jpg

         Nyonya Popiah
         クレープの春巻き?内容は両者事後チェック↓*をご覧ください。

         *切り干し大根(カブの千切り)を甘辛く煮込んで、モヤシ、キュウリ、錦糸たまごが具になります。
         これをグラ・マラッカ(黒砂糖)と呼ばれる甘い黒蜜とチリソースを塗った薄く焼いた「たまご入りパンケーキ」で巻き
         包んだマラッカでしか食べられない『生春巻き』とのこと。

   
c0120866_22192566.jpg

         Ayam Buah Keluak

          *ニョニャ料理の最高傑作と考える鶏の煮込み料理。材料に使われるブアクルアとは黒い木の実で、実は
          マレー半島では食べられなかった食材。インドネシアから伝わったもので、今でもプラナカンの人達しか食べないとのこと


          はっきり言っちゃいます。
          ま、マズイ!!びっくりするほど不味い。この他鶏のスープも頼んだのですけど、3点とも我々には厳しい
          味でした(泣)たいていのものはOKの女将でも何とも言えない(食べたことがない味)この味に、唸る、首をひねる
          ばかり。でも全く食べないのも悪いし(まして、スープと鶏の煮込みはスタッフのお薦め品)ニッポンジンとして
          人間として・・・・うーーーツライ!!拷問を受けているかのようでした。ひゃ~でもやっぱりギブアップ!  
          するとスタッフは申し訳なさそうに、“ダメデスカ?ニッポンジンハキライナアジデスカ?”と尋ねてくるので
          何か言わなくちゃと焦って言った“アマリコノミノアジデハアリマセン ゴメンンサイ”と本当のことを言いました。

          そして早々に退店。罪悪感たっぷし、でも本当に無理なの・・・
          この日は夕方まで、ニョニャのニオイが鼻に残りも、ーローカルフードはこれでやめようと真剣に思ったのでした。
          お店のスタッフさん。ごめんなさい・・・・

          世界の料理。まだまだディープですね
by minoise29jp | 2007-11-12 20:13 | recipe