日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

California Wine Country Napa Valley~San Francisco

   最終訪問先ワイナリーは一番行きたかった所。Rubicon Estateです。

          このワイナリーのオーナーはあのゴッドファーザーの名監督フランシス・フォード・コッポラで有名ですよね。
          ゴッドファーザーフリークの身としては興味津々。コルレオーネファミリーが住んでいそうな外観はさすが監督。
          演出にもぬかりないです。

c0120866_1273271.jpg


          エントランス手前でポーターらしきスタッフにキーを預け駐車をしてもらえます。もちろん帰りは出口に車を廻して
          くれます。
       
          ラッキーなことに直ぐにツアーに参加できるということで漸くワイナリーツアーにありつける。
c0120866_12282323.jpg


          ドンコルレオーネを彷彿させる案内人Mr.Kenに続いて参加者12,3名のツアー開始です。

c0120866_12284872.jpg

          まずはこの部屋でワイナリーの歴史を聞きその後ワイナリー内をぞろぞろと進みます・・

c0120866_1229418.jpg

          樽香を利きながら、Mr.Kenの話も聞きながら(早すぎて5割弱しか理解できない女将・・・・情けない)
          蔵を抜けると壮大な葡萄畑が広がります。現在有機栽培も行われているようです。眩し過ぎ、この時期でもサングラス
          必須です。        
         
          約30分のツアーを終え、個々にテイスティングルームに移動。
c0120866_12403077.jpg

          うはっ。
          やはりテイスティングルームも立派なもんです。
          マイケルことアルパチーノは何処?!と勝手に言い続ける女将。家人は無視状態。どーせ、ちょびっとしか
          吞めないですから、せめてゴッドファーザーの気分でも味わいたいもんよー。

c0120866_12474294.jpg

          ルビコン(赤い川)はカベルネソーヴィニョンとプチヴェルド、カベルネフランをブレンドしたメリタージュで
          エレガントさを持ちながら熟成によってワイルドになりそうなボルドーの雰囲気。

          それより目をひいたのは↑カスク、カベルネソーヴィニョン!即買いです。女将にとってコッポラのイメージはカスク。

           名残惜しいルビコンエステート、ここでゴッドファーザー愛のテーマでも流れたら....完璧だったのにな~

           ワイナリー巡りはここで終了。
           ナパの最後はワインと食とアートの殿堂“COPIA"に向かいます。
          


         



        ロバート・モンダヴィと妻のマルグリットが中心となってナパのダウンタウンに2001年にオープン。
c0120866_13193657.jpg



c0120866_13221353.jpgc0120866_13211354.jpg  Julia'S Kitchen、デリカフェ、ワインバー、ワイン雑貨ショップなどがあり楽しめます。プリペイドカード式のワインバーは最高♪(表参道ヒルズにも似たようなのがありますね)オーパスワンが普通にあったりするのが嬉しい・・・・











c0120866_13353694.jpg

            滅多に行かない(特に家人さん)デリ系でランチ。ワインがあるからOKなのだっ!
            大晦日とあってほとんど客人なしでしたね~。普段はもう少し賑わっているんでしょうね・・・きっと。


            さあそろそろ車を戻さないといけません。SFOまで、ぶっちぎり?!で帰りましょう。と、SFO到着まで家人は
            目覚めることはありませんでした。あれだけ寝ない!いやっ眠くない?!って言ってたのにね。same as usual・・・・

             約3日間お世話になったPontiacと別れるのも寂しいけど、またね。因みに保険、ガソリン全て含んで3日間で
            $434って安い?のかしら。一応車体自体は50%割引だったのですけど。昨今の日本のレンタカー事情ってどうなんでしょ?!
 




     
by minoise29jp | 2008-01-16 13:27 | recipe