日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

カテゴリ:wine( 71 )

長かった....

2ヶ月前から久々にコンスタントに歯医者さんへ通ってます。
幼少の頃から歯は丈夫で虫歯一つない歯の持ち主だったのが唯一の自慢でした(歯牙優良児までもらったことも。。。)
その自慢の歯も成長するにつれ(大人か...)大したものではなくなって(笑)今年は歯に気合いを
入れようと歯医者さんに行ったら、あれまぁ〜、虫歯がありますよ。と。
その後いろいろとあり、ついに歯を解体することになった。つまり、入れ歯?!滅相もない。。苦笑
奥歯(大笑いしない限り見えないかと)の2本を差し歯にしましょうとなったのです。
歯はとても大事だし噛み合わせによって顔の輪郭も悪くなるし、こうなったら全面治療と
先生に賭けてみました。

型を取り、仮歯〜と長く、途中辛い道のりを経て昨日漸く本歯が入りました♪
保険外で懐がイタイですが、これも歯の健康のため★次からはホワイトニング開始です。
80歳まで自分の歯!!が理想でしたが....

そんな歯に乾杯?(何につけても乾杯minoiseです)
これまた久しぶりに国産ワインを嗜みました。
c0120866_23362435.jpg

冬になると、やはり力強いワインが呑みたくなります。


c0120866_23365912.jpg

塩尻メルロー2008 (Suntory Japan Premium)
メルロ100%
エレガントな芳香とバランスのよいタンニンが今の時期にぴったりな塩尻メルロー。
歯は大事だけど、ワインも大事なもんで、歯のために控える?!ことはせず、歯のケアも
しっかりやりつつ、カンパ〜イ(笑)
by minoise29jp | 2011-12-06 23:35 | wine | Comments(2)

ヌーボーweek♬

今週は待ちに待ったボージョレーヌーボー解禁。

国際フォーラムのネオ屋台村のボージョレーナイトを覗き、あまりの人の多さに屋台はパスし
ミラキュールズカフェでまずは一杯。

その後丸の内のイルミネーションを見ながら解禁日を楽しめそうなこちらに伺いました。
c0120866_16114244.jpg

Vinpicoeur丸の内

ボージョレーヌーボー祭り☆なくなり次第終了?!なくなり次第?!なくなっては困ります!(笑)
c0120866_16122896.jpg

ボージョレーヌーボー5種とローヌとラングドッグの新酒、制覇!!もちろんです。
ローヌとラングドッグの新酒は....ガメイの歴史にはまだまだ。メルロー、シラーはやはり
少し熟成してこそ本来のもの?なのか、ガメイが素晴らしく成長しているのか、この日は
久々の友人と葡萄談義と人生談義。

マルセルラピエール、ジャン・クロード・ラパリュ、、フィリップバカレetc、今年は2009に匹敵すると言われてましたが、確かに昨年よりは相当良い?!と私見ですが思いましたねぇ。

店内もワインラバー?!な、雰囲気が活気がありました。いいですね、祭りって♬

とにかく翌日も、その翌日もヌーボーな日....
by minoise29jp | 2011-11-19 23:14 | wine | Comments(0)

今年の新酒も楽しみです★

相変わらず予約のハードルが高い"煮込みやなりたさん”へ行ってきました
前回訪問は4月
夏時期に予約していたのですが、旅行とぶつかり残念ながら行かれず、今回は半年ぶりのなりたさん。

今では定例会のようになっているT夫妻とのなりたさん訪問はいつものごとくワインはお一人様
1本のノリ(笑)
フードメニューも秋、冬らしい野菜や魚介と肉のボリュームたっぷりなものばかり。
4人で4,5皿をワインと共に楽しみました★

c0120866_0211075.jpg

アンディープたっぷりサラダ。

c0120866_0213729.jpg

フォアグラとキノコのパイ包み。

c0120866_022545.jpg

牛スネ肉の赤ワイン煮込み。

etc.....

ワインは白2本、赤2本とフツーに頂きました。
c0120866_0222682.jpg

コスパ良しのデュジャック・フィス・エ・ペールのMOREY-SAINT-DENIS2006は早呑み競争?(笑)
と思うくらい呑んでました(私が...はしたなくてスミマセン。苦笑)


さて本日は毎年楽しみの“ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日”
3年連続品質良し!と言われているヌーヴォー。今年はいろいろあった年だからこそこの時ばかり
盛り上がりたいですよね。
なりたさんへ?は行かれるわけもなく、近場の銀座、東京エリアで楽しんできたいと思っています。

さて夜の街に繰り出しましょー♪
by minoise29jp | 2011-11-17 18:35 | wine | Comments(0)

沖縄の旅 Part7に行く前に....ラフィットの夜

9月も最終、漸く秋らしくと思ったら本日は日中夏が戻ったような蒸し暑い一日の東京。
昨日は、沢山の方から祝メッセージをもらい、嬉しすぎて年甲斐もなくハイな夜でした。
そうそうバレンシアの彼氏こと?愛甥のジョンからはTELがあり電話の向こうでHAPPY BIRTHDAY
を一生懸命歌ってくれたのには感涙

さてハイな夜に、ハレの日ディナーと言うことで、伺ったのはこちら。
c0120866_235691.jpg

29の日だけにやはり肉?

c0120866_2354998.jpg

なだ万@シャングリラホテル東京で祝○○歳♪

懐かしのシャングリラホテルバンコクを彷彿させるものではなく、新しいスタイリッシュな
シャングリラホテル東京はとても素晴らしく、もっと早く訪問しておけばよかったと思った次第。

そのなだ万で鉄板焼きがあると言うのも嬉しく、コース名に誕生石の“サファイヤ”が
あったので、即決め。
c0120866_237894.jpg

旬の前菜から始まり、器と料理を楽しませてくれるのは海外の鉄板焼きとは比にならない
なだ万はさすがです。
全てのものが一品一品確かな味。特にマッシュルームのスープは絶品。
(前菜だけでもお腹が満たされそうなボリュームなので是非お腹を空かして行きましょう)

c0120866_2381281.jpg

グラスでモンラッシェがあるのも気が利いてます。もちろん下さい〜
c0120866_2373550.jpg

アワビとのマリアージュを楽しませてもらい、この後本命の29ことお肉へ。

そしてココに決めた理由はここにもあり。
ワイン持ち込みOK!と言う、有り難いサービス(因に1本@¥5000)
呑み頃のこのワインをハレの日に呑みたかったのです。
ヒレに合わせて持参したワインで久々に究極?のマリアージュ
c0120866_2384645.jpg


Ch.Lafite Rothschild 1988
疑いもなく素晴らしい。ゴクゴクなんてはしたない!と思ってもついつい(苦笑)
c0120866_2392231.jpg

嬉しい年齢じゃないけど嬉しい至福の時間でもありました。
c0120866_2310682.jpg

いつ何時何が起きるかわからない...今年程そう思ったことはありません。
ハレの日くらいは思いっきりサプライズをすることも必要かもしれません....よね。

持参したワイン抜栓してもらいデキャンティングし、空気に触れ開くまで階下のラウンジで
一杯。
c0120866_23102694.jpg

このラウンジ8時迄ドリンクALL¥1000と言う嬉しいサービスがあります。
窓側は28階からのステキな夜景を楽しめるし、雰囲気抜群です。ハッピーアワー風
8時迄のサービスは是非トライしてみては?!
って私も次回行く気満々です♪

この日の鉄板焼きのプロフェッショナル焼き人こと矢吹さんとは個室の鉄板焼きルーム
でトーク、トーク、またトークと楽しい時間を頂きました。矢吹さんありがとうございました★

さて更にビッグプレゼント?は沖縄の旅 Part7で明かします?!(もったいぶり過ぎ?!)


<お知らせ>
*明日10月1日の秋の講座はまだ若干空きがあります。当日でも参加OKですので宜しかったら
皆様のご参加をお待ちしています
〜ソレイユカラープレゼンツ〜女性ホルモン活性化プロジェクト
10月1日(土)AM10:30~
<講座会場>品川区北品川5-12-1 フラワー御殿山ハイツ2階  MAP
*品川駅から徒歩15分。教室より直ぐの御殿山ガーデンホテルホテルラフォーレ東京の
無料送迎バスも品川駅より出ていますのでそちらを利用するのも便利です。詳細はこちらの時刻表をご覧下さい。

お問い合わせ/申込先
連絡先は080-4339-9921 担当コイズミ
または当ブログ、八丁堀女将h.m.kagami@gmail.comまでご連絡お待ちしております

by minoise29jp | 2011-09-30 23:11 | wine | Comments(0)

これならワインと合いそうです。

気持ちはポジティブですが、身体がネガティブ?(苦笑)な今日この頃、少しブレイクタイム。
漸く週末に時間が出来たので、Island Gallery主催の"海森彩生写真展”に行ってきました。
素敵な写真の数々に気持ちも身体も癒され、その後は美術館へ。
一足早い芸術の秋を楽しんだ模様は追ってUPさせて頂きます♪

さて先日の旅土産(正式には帰省土産?!)にUPし忘れたこちら
c0120866_22565270.jpg

スナック菓子類はほぼ口にしませんが、頂いたときはきちんと少量食べます。
博多土産のBaum stick
新発売?らしく、プレーンと白ごまがあるようです。
c0120866_22571942.jpg

因に頂いたのは白ごま。胡麻好きにはたまりません。セサミンLoverですから。
これが意外な組み合わせ。

たまたま購入したこのワインとも食後のお供になかなかイイ。
c0120866_2257407.jpg

Richmond Plains Sauvignon Blanc 2009
100% PUREなニュージーランドから、100% NATURALなオーガニックワイン
家族経営のプレミアムワイン。
ソーヴィニョンらしい、フレッシュなアロマとドライな感じが胡麻と合うんです。
そういえばごまちゃん、っていましたよね???
by minoise29jp | 2011-09-06 08:35 | wine | Comments(0)

猛暑を忘れて...

先週末の関東は激しい雨?恵みの雨?のお陰で、一時的に猛暑を忘れ、涼を得られ気分も少々
クリアになった私です。

そんな最も激しい雨の金曜日。
どうなることやら?と心配ではありましたが、涼の中で素敵な音楽会が無事開催されました。
c0120866_23285751.jpg

“タイ〜日本 友好コンサート”
以前もUPしましたが、震災で中止かつ4人でPLAYするはずでしたが、お国事情もあり最終的には
ピアノとチェロの優しい夕べとなりました。
受付担当でしたので本番は会場外、その分リハで貸し切り演奏を贅沢にさせてもらい満足♪

c0120866_23465720.jpg


休憩にはワインもサービス。皆さんワインで会話を楽しそうにしていましたっけ。
c0120866_23292650.jpg

国を越えた個人の日本とタイの友好関係は素晴らしいです。どこぞやの官僚や政治家さん駆け引きも
必要かと思いますがそれだけではなく、またマニュアルではなく気持ちで勝負しましょうよ。
個人で頑張っている日本人は沢山いるのですから....
by minoise29jp | 2011-08-23 23:47 | wine | Comments(0)

零点?いえっ八点....hatten?

数年前にタイはバンコク在住時、タイでもワイナリーが一カ所ありそこのワインを試した
ことがある。
はっきり言って相当不味かった記憶が....それ以来タイワインは口にしていませんが、昨今日本でも
少しずつ浸透してきているようで、某有名ワインショップでは近々試飲会が行われるとのこと。
歴史あるワインはやはり年代を経て作り手の愛情や土地、環境など影響を受けながら美味しく
成長していくもんなんですね。
いろいろな試練を乗り越え、立派なワインか.....!!人間と一緒ですね。

そして今回出会ったバリワインことHATTEN WINE
インドネシアの驚く程高い輸入酒のTAXに国内産ワインの少しお求めやすいワインこと
HATTEN WINEと言う物のは如何に?!

今回のバリ島滞在のディナーではHATTENオンパレードでした(外国のワインがやたらにお高いので)
お味?はい、タイのマイナスイメージを払拭してくれるほどレベルの高いワインに今後の
東南アジア経済の急成長を思い知らされた感じ。。。。(タイワインもきっと今では美味しいもの
になりつつあるのだと興味が湧いてきました再トライ!)
c0120866_7334194.jpg

期待していなかった分?まずは普通に美味しい白。しかも乾季のこの時期のバリでキンキンに
冷えたワインは気候、インドネシア料理とマッチしていてついついゴクン、ガブっのように
なってしまいました(苦笑)

c0120866_734825.jpg

赤も若干低温で呑む方がイケます★(因にこちらはオーストラリアとのコラボワイン)

c0120866_7344519.jpg

滞在中にワイナリーに行きたくなり、ホテルスタッフに調べてもらった結果、ワイン工場が宿泊サヌールエリアにほど近い場所にあることがわかり行ってみました。
が、ワイン畑があるわけではなく小さなワイン醸造所らしき所で一般見学は行っていないと言う
残念なもの。

c0120866_7351078.jpg

とは言え、事務スタッフの説明でほんの少し、瓶詰めの様子など覗き見できました(因に手動です)
c0120866_7353964.jpg

それより、HATTEN WINEのショップ(HATTEN WINE CELLARDOOR)
でテイスティングが出来る!と言う情報を得たので貸し切りタクシーに頼み格安のオプションで
連れて行ってもらいました。良い人です。
美女スタッフのウェルカムなサービスに、調子にのって...

あれもこれもテイスティングさせて頂きました♪
TWO ISLANDSシリーズの CHARDONNAYはとても好み。オーストラリアの葡萄を輸入したもので
他、リースリング、赤はCABERNET.MERLOTなど、思ったよりも素晴らしい出来に、バリワインの
未来に思わず乾杯。
c0120866_7361062.jpg


店内ではHATTEN WINEのオリジナルグッズも沢山販売されています
c0120866_7363585.jpg


更に詳しく知りたい方はHATTEN WINEのサイトをご覧下さい→HATTEN WINE
活気ある東南アジアのワイン市場の今後が楽しみです。
インドネシアもタイも、もう少し輸入酒の酒税を考えてくれたら嬉しいんですけどね
そうは言ってもいろいろなお国事情もありますが....

HATTEN WINE の発展?!楽しみ〜、で、タイワインも再チャレンジ!!
by minoise29jp | 2011-08-16 23:07 | wine | Comments(0)

お店でワインを購入するか否かを決定するかの決断は70%以上が女性に委ねられる

c0120866_2234585.jpg

先日酷評(笑)したスポーツドリンクスタイル@ワインに続き、今度はこちら↑

また酷評?
いえいえ、今回はそうでもない?!みたい(笑)
国分が販売しているbreeという名のワイン。

酒売場になければ、一瞬、化粧水のボトルのような外観。
酒売場にあったとしてもウイスキーなんかの(色は別として)オシャレボトルのようにも
思えます。が、れっきとしたワイン。
ワインはソムリエナイフで!とオーセンティックなスタイルを守り続ける一方で
“待てよ”と、思う。
1人旅も多い私には、こんなデザインボトルで旅中、新幹線、飛行機の中で頂くのも
楽しいかも。しかも前回とは違いこちらのワイン(特にシャルドネ!)フツーに美味しく頂けます。

世界的権威であるレッド・ドットデザイン賞を2009年に受賞したドイツワイン。
昨今のドイツワインも著しく向上していて白ワインのイメージも随分と変わったし、赤ワインの
ピノノワールなども素晴らしいものが沢山あります。
そしてこのワインの開発チーム自体はすべて女性で、見て、飲んで楽しむワインをポイントに
開発したらしい。
“お店でワインを購入するか否かを決断するのは70%以上が女性に委ねられる”
なるほど。
わかる気がします....
by minoise29jp | 2011-06-02 22:35 | wine | Comments(0)

駄目なものはダメ?

今年の梅雨入り宣言が関東で発表されました?....昨年より、例年より随分早いですよね。
アンチ梅雨とは言え、雨も降って頂かないと困ります。
早い梅雨入りは望むところで、7月にはカラッカラの夏日和になってもらって
9月には秋らしくなってくれたら(あくまでも理想...)
節電ビズなんてのも早々にクリアできそうなんですけど....そうは言ってもどうなることやら
自然ちゃん!ってやつです。

さて節電で今年の夏の風物詩こと各地の花火大会も中止が相次ぐ中、東京の最後の切り札こと
“隅田川花火大会”が決行!と言うニュースを聞き、下町ムサシ(634)の強力なパワーを
感じました。とは言え、今年も例年と同様屋上見学ができるかは微妙。開催側のマインドの問題も
ありますしね...できたらイイね〜であります。
東京が元気!!でいないとアキマヘ〜ンから。


さてプチ勝手ながらの経済活動は日々地味にしていますが、食卓ワインも最近は2、3割UP
なものが続き、そろそろ活動も緩やかにしなきゃお財布が(苦笑)...と、先日購入したこちら⇩
c0120866_22354248.jpg

Ch. La Verriere 2009
世紀の当たり年2009は、家呑みにはもってこい。
価格はもちろんGOOD VINTAGEなのにも関わらずお手頃。
お味も、うっふん♪
ボルドーらしく楽しめます★

まだ休肝日を作ろうなんて滅相もない身にとって、日々ワインな生活の中ハレWINEばかり
呑めるわけではない庶民派代表にとって↑久々にヒットのワイン
¥1000台前半なんて嬉しすぎるCP.こんなの沢山頂けたら嬉しいです。

SOSO,
家呑みでも基本はソムリエナイフでオープンしたい自称コンサバ派
ところが最近では、紙パック、スクリューキャップなど、ワインも様々なニーズに合わせて
販売されていますのでナイフは不要???は味気ない。

c0120866_2236739.jpg

最近見かけるこちら↑
花火鑑賞しながらはどうもねぇ。
スポーツドリンクじゃないんですから....呑めば言いってもんじゃないのがワイン。
ダメなものはダメ★もあって良いもんかと....
by minoise29jp | 2011-05-29 23:19 | wine | Comments(0)

GW@宴 その1

GW明けと言っても、特に変わらないフツーな感じですが何かが違う?
新聞、メディアの報道を観ていると善くも悪くもよろしくないもんで....
考えれば考える程あまり良い方向には行かないので、逆立ちでもして頭スッキリ運動を
試みよう...と思って、やってみたら昔はひょい♪と簡単に出来たのに、今では結構キツい...汗。


さて今年のGWは2度ほど経済活動@家呑みを試みた。

第一弾は友人夫妻とワインの宴。
c0120866_23271218.jpg

今回も勝手ながら塩こうじ料理を披露させて頂いたのだ♪

c0120866_23274174.jpg

先ずはスープ。
“ズッキーニのスープ”は塩こうじとチーズで味付け。
これがズッキーニ?と思えないマイルド且つコクのある味に仕上がったのはこうじのお陰?

c0120866_2328423.jpg

"帆立とマンゴーのサラダ”
ドレッシングはオレンジやマンゴーの果肉を使用し、白ワインビネガー他でさっぱりと。

c0120866_23283463.jpg

“鶏肉のハーブ焼き”は前日から塩こうじとタイムとローズマリー、ニンニクのすりおろし
などで一夜漬けにしておいたものを皮面をカリッと焦げ目がつく程焼き、合わせの野菜は
バルサミコ等と味つけ。1日漬けた分味がしみ込んで良い感じ★


c0120866_23285570.jpg

箸休めには“塩こうじのマリネ”はミニトマトとミニ胡瓜。生ハムと一緒に食べると
塩こうじの旨味が倍増し、美味しいのです。


c0120866_2329234.jpg

〆は“牛スジの赤ワイン煮込”。レッドキドニーと数時間煮込みそこにも塩こうじを塩の代わりに
使用。やはり味わいはマイルドです。

ワイン通が揃うとワインにもそれなりに気合い?が入ります。
c0120866_224476.jpg

友人の持参してくれたレア物ドイツのスパークリングワイン。
Ratzenberger Kloster Furstenthal Riesling Sekt Brut
世界中のホテルから引っ張りだこのラッツェンベルガーのワイン。日本でもなかなか入手困難
のゼクトですが、どいつ?いぇっドイツ?ですか?これ。
リースリングのスパクリングワイン。NVのシャンパーニュを超える3年以上の長期熟成を経て
リリースされているという逸品。
シャンパーニュに引けを取らない何ともきめ細かい泡!それでいてクリーミーで味わい深いもの。
前菜とも見事にマッチ★ワインとのマリアージュはやめられません。

この後はサンセール、そして先日煮込みやなりたで皆で絶賛したブルゴーニュのピノのワール
サプライズとして用意しておいたので、ワイントークは炸裂?!

そしてこの日は超飲み頃のワインをGWの旅の代わりに抜栓♪

ヴィンテージのボルドーならではきちんとデキャンティングをしましょうか。
c0120866_23304524.jpg

澱が見事にこびりついてました....

Chateau Lagrange1995
c0120866_23312185.jpg

サンジュリアンの王道的な1995のラグランジュ。
ワインをステキに美味しく久しぶりに過ごした宴でありました。

おっと、塩こうじも忘れずに!!

第二弾もお楽しみに〜
by minoise29jp | 2011-05-10 22:56 | wine | Comments(0)