日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
My cooking cla..
at 2016-04-03 14:41
Hatchobori Oka..
at 2016-03-12 22:35

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

遅ればせながら三連休

       三連休調子に乗りすぎたようで(&只今ちょっくらオフィスワーク?!稼働中)週明けやられました・・・・
       咳・声・・・じゃなく、鼻、喉、熱の三拍子。鬼の攪乱かしらん?
       でも、早めでよかったよーな(新潟在住時はなんたってインフルエンザに襲われてたもんで)今のうち風邪を引いて
       しまえば、年末は楽しい、きゃりふぉるにあの旅できそうですし、おーっとその前にはX'MASってーもんも
       あるしね。

       で、三連休。(遅くてすみませんが・・・・)
  
       前夜飲みすぎて(新川会で)一日、無駄に終わり挽回しなくてはと・・・・

       まずは代々木に引越しをしたお友達のお宅訪問。
       家人と新宿伊勢丹で待ち合わせ(前回メンズ館でスーツ購入後何故かメンズ館に嵌ってる家人。聞くと、サービスや
       雰囲気がバッチグーらしいのです。すっかりスリムになってようやくサイズがあるんだろーなと女将は思ってるんですけど。)

       確かに、スタッフのおもてなしはなかなかでした。その後ワイン購入のためデパ地下へ移動。割とポピュラーなセレクトの
       ワインショップ。2本購入し、少し時間があったので、デパ地下巡りを続行。

       すると、あらっ、美味しそう~なもの発見。その名もハモンイベリコ♪しかも、ミニバル風カウンターで飲食可!(近頃のデパ地下の
       飲食ってレベル高いですよね。)
       こうなるとこの夫婦ったら・・・・意気投合どころか既にカウンターに座ってました(笑)

       訪問前に景気づけ?
c0120866_22271549.jpg
c0120866_22272860.jpg


       ここで、一杯やっちゃいます。なんつー二人・・・・。


       2杯目いく前に早々に立ち去り、友人宅へ向かいます(もち、この話は友人に内緒。へへへっ)

       大人6人集まればそりゃあもー吞むしかありません!!
c0120866_22303277.jpg


c0120866_22304758.jpg


       前菜をたっぷり食しながら、ワインもたっぷり行きます。
       
c0120866_2232882.jpg


c0120866_2233367.jpg


       我らが持参したワイン↑。
       赤ワインAlain Verdetのブルゴーニュが美味しく価格の割りには久々のヒットです。
       
       他、自宅で用意されていた3本。ゲヴルツトラミネール、シラーズ・・・・など、吞み比べができ、すっかり終電まで
       居座ってしまいました。
       久しぶりに最終電車の東京止まり中央線に乗ったわ。ほんと何年ぶりかしら?!

       翌日はそろそろ、視察しなくては!と思っていた、東京駅八重洲口のNEW大丸デパートと駅ナカのGRANSTA

       

       

More
by minoise29jp | 2007-11-28 21:34 | Comments(6)

第二弾新川会なり。

        あれは半年前~♪(喝采か・・・・)とある事から発足した新川会。時は経ち、忘れかけた頃に
        第二弾。皆さん相変わらずパワーたっぷりだった・・・女将はちと理由ありで多忙ながらも遅れて参加。
        遅れて参加で調子にのり翌日奈落の底に落ちたオンナでございあす~

        新川在勤Uさんが音頭をとったお店“徳竹”。女将は知っていましたが、いつも素通りの店でした。けど、こちら
        予約しないと入れないそうな・・・・
        なのに予定の時間より一時間以上(野暮用ありで)遅れで、スタートから迷惑をおかけしやした。その分店のスタッフに
        遅れた分吞みで謝罪します!なんて言ってしまうのもアホなオンナです。だから、翌日奈落に落ちるのよ・・・・おバカちゃん。

c0120866_22251744.jpg

        我が家から徒歩5分ほどの茅場町駅近い“徳竹”さん。
        Uさん曰く、こちらの大将は元フレンチのシェフだそうな・・・・思いっきり和食っぽい店構えですが、確かに
        メニューに、テイストに、仏が感じられた?!かも。思いっきり和なのにワインもあるし・・・

        
c0120866_22281622.jpg


c0120866_22294431.jpg


c0120866_2230882.jpg


c0120866_22302023.jpg


       本日のお薦めより↑一部アップ。店はカウンター7,8人。テーブル席4卓(卓4名)のこじんまりした店ですが
       なんとも活気があり、久々リーマン気分。
       駆けつけグイグイ行き、テンション上がりっぱなし(ちょっと野暮用でここんとこ疲れ気味&吞み不足?!)
       こーなると、もう誰も止められません(笑)

       連休前で、気分はハイ。しかも途中から家人も参加予定。と言うわけで2軒目は新川在勤住まいは門仲と言う
       お二人のお薦めのワインバーに。丁度家人も八丁堀入りし、そのまま流れて門仲へ・・・・

       ワインバー Ma Brochette
       新川会唯一の若手で、門仲在住T君が夜な夜な通う店らしいというこの店。ソムリエは若きジョシ舞ちゃん。
       門仲にこんなワインバーがあったなんて、一人吞みでゆっくり来られそうです♪
       
       そこに今度は門前仲町在住門仲会?のメンバー二人が来店。結局一緒に吞むことに・・・・

c0120866_2242841.jpg


c0120866_22422067.jpg


c0120866_22424123.jpg


c0120866_22425959.jpg


       職種も年齢も?全く異なる不気味なグループの吞み?でも、舞ちゃんお薦めのワインでいつの間にかボトルは・・・

       何だか久々に男女混合の訳わからぬ呑み会に、最後はしゃっくりまで出た始末。サイテーなオンナを演じながらも
       饒舌さは長けてたな~と一人よがりに乾杯♪って言うか、家人と女将だけが、やたらに別バージョンでスピーチ
       しまくってたような・・・・あーやだやだミドルエイジは。と後に後悔(笑)

       翌日は言うまでもなくハングオーバー。
       
       連休前日にこうなるとは・・・・限りなくミゼラブルな自分に“あ~ぁ、イケテナイ・・・”と嘆いたのでありました。
       皆様お疲れ様♪
by minoise29jp | 2007-11-25 23:02 | gourmet | Comments(4)

美味しいって・・・・

        今日は朝からミュシュラン東京の話題でTVや雑誌は賑わってましたね。既に数ヶ月前から噂になっていた
        店ばかり・・・・何だかな~
        美食家?と言われる某タレントに近いコメンテーター達も鼻息荒く語ってるし、今更東京の食を他国に批評されて
        喜ぶのもどうかと?日本の食のレベルの高さは言うまでもないと思うし、食ってその土地で、文化や歴史を感じ
        ながら食べるのが一番だと思うんだけどな~だってタイ料理って日本で食べてもちっとも美味しいと思わないし・・・・
        (あの湿度の高いアメージング国なロケーションで食べるタイ料理ってサイコー♪だと思います)相変わらず辛口
        コメントでごめんなすって。

        テーブルコーディネーターとしてセミナーで必ず言うのは、美味しいって何でしょう?!って問いかけます。
        意外に味覚だけが美味しいと感じる(思わなければならない)と思う人が多いのです。でも美味しいって?
        一人で超高級フランス料理を食べてグレイト!!なんて思わないかと・・・・例えば食器が汚かったり、スタッフが
        今ひとつだったりすると美味しさって半減ですよね。

        家族で会話をしながら、友人と語りながら・・・・シチュエーションで美味しさって倍増♪そしてテーブルのデコレーション
        をちょっと工夫して、そこから会話もさらに弾み、ビジュアル感が益々長けて美味しいさUP♪お花くらい
        飾りましょう。って言ってしまいます。でもその後お宅訪問すると、あれっ!お花が飾ってあるじゃないですか!
        本当の美味しさは愛情ある食卓!のような気がします。もちろん視覚も味覚もひとそれぞれですが・・・・

        女将のシングルライフも早、半年?!家人が帰って来る時は食卓くらいは華やかに・・・・

c0120866_2255977.jpg

        ある時はこんな風に・・・・
        FOODは・・・・

c0120866_2272923.jpg


c0120866_2275366.jpg


c0120866_2281591.jpg


c0120866_2283684.jpg


c0120866_2291227.jpg

   
       この日はNEWパスタ麺↑(カラフルな形)入手できたので、前菜に・・・そして今年も来ました。“バシュランモンドール”
       年々早く出荷されるのか熟成が今ひとつで以前のような濃くやクリーミーさがなくなってしまったような気がする
       のはワタシだけ?!

       そして先週末はボージョレー後、早めのプチX'masの雰囲気を演出なんてしちゃおー(セッカチなんで)
c0120866_22143890.jpg

       サラダ尽くしのFOODで日頃の野菜不足を解消。女将がベジタリアンなもんで・・・・
       と言っても家人には良質なたんぱく質も獲ってもらわなければいけないですね。
c0120866_22173411.jpg

       やっぱりメンズは肉が好き?

c0120866_22184280.jpg

       先日たまキャアノで食した天然まいたけのグリルが忘れられなかったので、新潟産スペシャルまいたけで再現。

c0120866_2220148.jpg

       先日友人から頂いた野菜のフジッリでアンチョビとオリーブを和風テイストでアレンジ。

       大して手のこっていない料理でもバランスを大事に野菜は特にたっぷり食べてもらいたい母心?妻心か・・・・
       二人揃って好き嫌いがなく、家人は何でも食べてくれるので作り甲斐があります。時々語る食コメントは・・・イケテナイ
       
       我が家の食卓はいつも食べ物とワイン(アルコール全般)の話で盛り上がります。ミュシュランも良いけど、家の食卓
       ってやっぱり一番ですよね♪

       そー言いながら、やっぱり寿司は別。客足が遠のいた頃(遠のかない?!って)寿司次郎はサクっと行かねば・・・(笑)
      
by minoise29jp | 2007-11-20 22:48 | Comments(14)

Beaujolais Nouveau♪

        今年もヌーボーちゃんがやってきました。
        この時期になると雑誌や新聞など挙ってヌーボーの記事をあれこれとネタにしますが、どんな酷評があろうが
        コメントがあろうが女将にはノープロブレム!
   
        15年前からヌーボーは祝うもの♪と勝手に決めてます。
        好みのテイストがあればそれはそれで良しとして、やっぱりヌーボーは若さ満々をアピールしてもらいたまには
        純粋にトレボン♪とも言ってみたいもんね。

        で、今回は和のテイストと味わいましょってことで、滅多に下車しない秋葉原なのにアキバ系?の少ない昭和通り沿い
        にある、秋葉原駅付近のお店。“和食wine葡萄屋”さんで解禁日を祝いました。
        こちらのお店もやはりアキバ系じゃなく安心。メイドでもいたらどーしましょって思ってました。久しぶりにアタリのお店。

c0120866_20555617.jpg

      
        こちらのワインは2004年世界ソムリエコンクール日本代表阿部氏の厳選したワインや、料亭出身の料理長
        のお料理と言うことを聞いていましたので楽しみ。さてどうかしら?!

c0120866_2058546.jpg


        “ボジョレーの怪物”という異名を持つ、頂点を極めたジャン・クロード・ラパリュ! のボージョレーヌーボー
        ボージョレのブドウ品種、“ガメイの可能性”をとことんまで追求していると言うように、確かにヌーボーっぽくありません。
        ブラインドで吞んだらヌーボーと思えないくらい、タンニンもあり、しっかりしています。美味しいけど拍子抜け(笑)
        ですが美味しいことはいいことだ!何だかシアワセな気分♪
        ヌーボーってあの若さムンムンの可愛らしいイチゴちゃん。ってイメージであまり好みじゃないけどお祝いとして
        ぱーっっと吞む感じですもん・・・・
        今年はボージョレー地区は雨が多く、熟成も今ひとつ。ただ運がよく収穫時に天気に恵まれそこそこ良いヌーボーが・・・
        とも言われ、今年の鍵は造り手の技術力らしいとある雑誌にコメントあり。ユーロ高で例年よりちと高価でもありますが
        少し価格の高いヌーボーがバリ、バリ、バリューとも書いてあったけ。

        因みにありきたりのヌーボー感もしっかり味わってみました。
c0120866_21224511.jpg

        ワイワイーイ♪これこれっ!いつものヌーボーだーい!!(はしゃぎすぎ?!)


c0120866_21242533.jpg

                       槍烏賊と帆立のラタトゥイユ
c0120866_1421469.jpg

                       七種のきのこホイル焼き
c0120866_143050.jpg

                        鴨のローストオレンジ風味


        お祝い、パーティーごとに滅法弱い3人組。ここまでくると若さのエキスが頂点に達し(吞んだワインが若いってことで・・・)
        古物も欲したくなるスーパー酒吞み3人組。もち、もう一軒ぷりーずとなります。ここで3軒ほどTELしてみたところ
        行きたかった店全てLOで敢え無く断念(泣)
        となると近場で済まそう!となるわけで、ご近所MARU3Fに行かざるえません。結局MARUで、新⇒古と言うか、
        ちょびっと原点に戻り、吞みたくなります。
c0120866_1514348.jpg
  
        ミュジニーで、やっぱりワインって美味しいね(MARUのワインコスパ最高です♪)と語り、ヌーボーの良さも知るわけです。
        さて来年も楽しみざます★
by minoise29jp | 2007-11-17 21:26 | wine | Comments(9)

東京ローカルはしご酒♪

        ブログ友のたまねこさんが今月某所へ引越しされると言うことで、送別会(ただの呑み会?!)を懐かしの場所で
        しましょ。ってことで、たまねこさんはOL時代足繁く通った地、女将はただのホームグランドのエリア辺りで
        乾杯することに。

        一軒目はたまねこさんお薦めの隠れ家イタリアン。
        はっきり言ってこの店頂き!ます♪

        場所は門前仲町から森下方面に向かう住宅街の一角。知る人ぞ知る?店ってだーい好き!しかもママ最高。
        
c0120866_19262470.jpg

        フツーのお家をリフォームしてカウンター10席ほどのイタリアン。ママはイタリアで料理の修行してきた
        と言う筋金入りシェフ。あの山本益博氏も再三取材を申し込んだそうですが、断られ続けた様で・・・そういう人
        好きです。

        ただこの日は予約目一杯で、それでも無理してたまねこさんが席を確保してくれた状況。よって制限時間1時間30分のみ!
        ではこの時間内で頑張りましょ。まずはSalute!!
c0120866_19361949.jpg

        Beaujolais Nouveau前にやっぱりこちら↑
        イタリアも負けてません。Novello!!が既にお目見えです。
        フランスと違い、葡萄の品種も地方によって様々ですよね。この日は3種あり、その中でもワタシ好みをセレクト。
        "Corvo"Novello Sicilia”です。南イタリア、シチリア産ワインとして世界中に知られる「コルヴォ・ワイン」のノヴェッロ。
        新酒と言うより、ネロ・ダーヴォラ、フラッパートの葡萄が思いのほか濃くがあり、勢いづいてしまいます(1時間30分で
        吞まなくちゃ!と多少焦り気味?!)

        料理もボリュームが丁度良く、アンティパスト3種(お通しのようですが、もちbuono!!)、その他、シンプル
        ながら、繊細なお味!(最近塩気が強いレストランが多いと思う中、女将にとってはハナマルです)

c0120866_19512852.jpgc0120866_19542045.jpg


前菜3種、天然まい茸のグリル パルミジャーノ↑

c0120866_19553817.jpgc0120866_19555678.jpg

栗とえびいもと豚肉のテリーヌ、三陸生牡蠣のジェノベーゼ↑     

         席はいつの間にか満席。我々も退散時間。次回またゆっくり来ますと、ママと契りを交わし、後ろ髪引かれながら
         店を出ました。

         次の店?
         久々に山利喜でも行ってみますか!?イチカバチカで(予約不可でしたので・・・・)行ってみることに・・・・

c0120866_2052879.jpg

         本館、新館とも待ち時間未定・・・・。ワインのほろ酔いがなくならないうちに2軒目!!と思い、残念ながら山利喜を諦め
         咄嗟に思いついたのは、人形町スペインバル。
         “Spanish Bar Sol Vasco"ラッキーなことにカウンター2席空いてます♪ってことで急いでタクり向かいます  
          *前回行った記事はコチラ       
   
          相変わらず活気があります。
          たまねこさんとの会話も更にヒートアップ、ジョシトークは宴たけなわです。

More
by minoise29jp | 2007-11-17 20:41 | gourmet | Comments(8)

singaporeの旅。題してサバイバル?旅行④

        KYではなくJY(自分が読めない?!笑)らしくない、ローカルエリアの食事やら、散策やらのある意味サバイバル
        の旅も最終章。やっぱりいつもの食事とロケーションを戻し、最後の夜はSPの夜景で楽しむためウォーターフロント
        へ・・・・

c0120866_1594610.jpg


        夕刻早めに到着し、お店セレクトのためぶらぶらと散歩。
c0120866_1543816.jpg

        
        ベルサで退社したビジネスマンが既にHappy Hourをエンジョイしています♪やっぱり欧米人はビール好き?!
        PM8:00まで飲んでやる!!って感じ。
        もちろんツーリストもちらほら。

        エスニック・チャイニーズはノーサンキューだったので、シンプルにノーマルなイタリアンをセレクトしました。
        友人が近々BDで、じゃっ、SPで早めのBDを祝おうと、スタッフに彼女がBDと伝え(ちと嘘。)何かサービスを!
        と頼んだら、さすがシンガポーリアン。ケーキに蝋燭をたてデザート時に持ってきてくれました★序にバースデー
        ソングまで歌ってくれちゃって有難いのなんのって。あたしゃ彼氏か・・・・

c0120866_15162011.jpg


        夜も更けてくると、またまた素敵なウォーターフロントに様変わりです。
c0120866_15185637.jpg


c0120866_1519132.jpg


        食事をしながら、こんなビューを見られるのってやっぱりいいわ~。しかもクリーンだし・・・・これ必須です。

        ここまできたら、最後はやっぱりこのホテルのラウンジで一杯と行きたいですね
c0120866_15221769.jpg

        Fullerton Hotel Singapore
        豪奢な雰囲気で華々しいフラトンホテル。
        次回は是非宿泊してみたいです(因みにラッフルズよりワタシは好きです)


c0120866_15282691.jpg

        ラウンジの私達の斜め前に座っていたマダム。
        ずーっと一人で読書をしていましたが何とも絵になってました。


        ちょっと外の空気を吸いにと思ったとき、SPは気楽でそれなりに楽しめますし、トランジットにも最適(タイもそうですが)
        やっぱり活気づいていてほしいですね。
        そう言えばSPと言えばシンガポール航空A380が話題を呼んでますね。
        世界初総2階建て、ターボファン4発の超大型旅客機ですって。先日CNNで機内の様子を放映していましたが
        ファースト?!いえいえ、スィートクラスの凄いことったら、びっくりです。
        (現SP⇔Sydneyだけですけど)
        でも、例えば新婚カップルなどであのスィートにいたら、CAの方達も声かけづらいだろーなー??と良からぬことを
        考えてしまったワタシったら考えすぎ???

        さて明日はボージョレーヌーボ♪
        今回旅ではいつもよりアルコールは控えめ?だったので明日のヌーボはどこで飲みましょ?!か今から楽しみです。
by minoise29jp | 2007-11-14 15:55 | recipe | Comments(4)

singaporeの旅。題してサバイバル?旅行③

         ここでまたまたローカルにちとBACKさせてくださいましーー♪
         大事なローカルフードをご紹介しなければならないので・・・・
         
         女将チャレンジャーになる。
         以下初トライの料理です(涙あり、笑いありの初フード。ウソです)

         まずはアラブ街人気のレストランZAM ZAMでディナー。
c0120866_19435048.jpg

         大人気でしたよ。なんたって、入れ替わり立ち代わり来客。8割アラブ&インド系。中華系2割。この日の
         ニッポンジン我々のみ。コワッ。(ショックだったのはドリンクはオールノンアルコール。イスラム系って禁酒でしたっけ?)

         ガイドブックでお薦めと皆がオーダーしてたものをとりあえず1品ずつお願いしました。ドリンクは缶ごとスプライト!
   
c0120866_1948508.jpg

         クィッテアオゴレン。ナシゴレンのきし麺炒めのようなもの。かなりホット!!麦酒が欲しくなります。でもスプライト
         で、我慢。激辛OKの女将でも結構キターー!でも美味しいです。

         そしてこのお店の自慢の一品。
c0120866_19515865.jpg

         ムルタバ。お好み焼きとクレープを足した感じ。
         中の具はチキンやマトンがあり、それによってタレが違うようです。マトンはカレーのソース。チキンはチリトマトソースの
         ようなものをつけて食べます(写真左上)
c0120866_19535248.jpg

         中味はこんな感じ。(あまり美しくなくごめんなさいまし)

         合計で9・2S$(日本円で約800円)です。夕食でこの値段。ありえない・・・・ノンアルコールで女将がんばりました。
         でも、人気の通り、これならワタシも食べられます。思ったより美味しく頂けました。

         次の料理はランチで行ったニョニャ料理。
         Chilli Padi
         その場所は中心からタクシーで20分近くかかり、マレー系の人々が在住するエリア、Chiat Placeと言う場所に
         あります。ランチ時間ですが、人はまばら。場所柄ビジネス街ではないので近所の在住人が来てるのかな?と言う雰囲気。
c0120866_2091570.jpg


         マレー・中国の混血文化、すなわちペラナカン文化という独特の文化の料理ってどんな感じ?!期待大!でお薦めをオーダー。
c0120866_20103244.jpg

         Nyonya Popiah
         クレープの春巻き?内容は両者事後チェック↓*をご覧ください。

         *切り干し大根(カブの千切り)を甘辛く煮込んで、モヤシ、キュウリ、錦糸たまごが具になります。
         これをグラ・マラッカ(黒砂糖)と呼ばれる甘い黒蜜とチリソースを塗った薄く焼いた「たまご入りパンケーキ」で巻き
         包んだマラッカでしか食べられない『生春巻き』とのこと。

   
c0120866_22192566.jpg

         Ayam Buah Keluak

          *ニョニャ料理の最高傑作と考える鶏の煮込み料理。材料に使われるブアクルアとは黒い木の実で、実は
          マレー半島では食べられなかった食材。インドネシアから伝わったもので、今でもプラナカンの人達しか食べないとのこと


          はっきり言っちゃいます。
          ま、マズイ!!びっくりするほど不味い。この他鶏のスープも頼んだのですけど、3点とも我々には厳しい
          味でした(泣)たいていのものはOKの女将でも何とも言えない(食べたことがない味)この味に、唸る、首をひねる
          ばかり。でも全く食べないのも悪いし(まして、スープと鶏の煮込みはスタッフのお薦め品)ニッポンジンとして
          人間として・・・・うーーーツライ!!拷問を受けているかのようでした。ひゃ~でもやっぱりギブアップ!  
          するとスタッフは申し訳なさそうに、“ダメデスカ?ニッポンジンハキライナアジデスカ?”と尋ねてくるので
          何か言わなくちゃと焦って言った“アマリコノミノアジデハアリマセン ゴメンンサイ”と本当のことを言いました。

          そして早々に退店。罪悪感たっぷし、でも本当に無理なの・・・
          この日は夕方まで、ニョニャのニオイが鼻に残りも、ーローカルフードはこれでやめようと真剣に思ったのでした。
          お店のスタッフさん。ごめんなさい・・・・

          世界の料理。まだまだディープですね
by minoise29jp | 2007-11-12 20:13 | recipe | Comments(8)

singaporeの旅。題してサバイバル?旅行 ②

        リトルインディアですっかり憔悴しきった我々ですが、まだまだヘビーなローカル散策活動は続きます。ヤケ気味?!

        そこでやはり行かなければいけないのはチャイナタウン
        ある意味グローバルなチャイナタウン。どこにでも点在しますよね。さすがチャイニーズ様。

        まずはチャイナタウンでBreakfast。屋台にチャレンジしようと頑張ったのですが、朝からあのニオイはやっぱり
        ダメでした(根性なしです)
        と、ちょっと小洒落た店発見。 
c0120866_183020.jpg

         飲茶系カフェテリア。飲茶はもちろん、パン・コーヒーもあり、朝からビジネスマンらしき人たちはテラス(そんな洒落たものじゃ
         ありませんけど)で、お粥を食べる人あり、パン&コーヒー食べる人あり、でそこそこ賑わっていました。
         スタッフがやたらに愛想がよく、しつこいくらいサービスに来るのもまあ悪くはないけど。NEWスタイルのチャイナカフェ?
         と言う感じでした。

         その後、嵐の前の静けさ(朝わりと早めでしたのでお店もオープン前だった・・・・)のチャイナタウンの
         人気の通りパゴダストリートへ向かいます。終日ホコテンのマーケット(土産物売り場)には人もちらほら。
c0120866_18183735.jpg

        

         雑貨、食品盛り沢山♪で、物色しながら歩いていると、いつの間にか人だかりが・・・・大半は学生で後に
         一部日本人高校生の修学旅行と判明。ここは京都か?!って言う雰囲気。そう言えば今の学生って修学旅行は
         海外なんですよね。羨ましっ。

c0120866_18192940.jpg


         そのまま歩いていくとショッピングアーケードの丁度終わりに何やら怪しい建物が・・・・・↓
c0120866_18205116.jpg

         神秘の寺 スリマリアマン寺院
          1827年に建てられたシンガポール最古のヒンズー教寺院。


          アラブストリート、リトルインディア、チャイナタウンでもうこれ以上ローカル散策活動できません。いえ、とりあえず
          3箇所に行っただけでも偉いぞ!!と自己マンし、やはり中心のオーチャードエリアにも行かないと友人にも
          申し訳ないので、あとは、ありがちパターンでSPを楽しむことに。

          シンガポール(以下SP)と言えば、ラッフルズHでハイティーでもし、夜はロングバーでシンガポールスリングを飲めば貴方ももう
          シンガポーリアン!みたいな、慣わし?つーか掟?のようなものがありますよね(笑)そこまでしなくても
          まだ昼だしとりあえず、行きましょ。
          こちらで友人はお目当ての、お土産を購入、H内を散歩しお茶で、あーようやくSPに来たって感じ?!になってくれ
          たようでよかよか。

          その後ホテル斜め向かいにあるChimesへ。随分閑散としていて、勢いを感じませんでしたが、夜は
          盛り上がるのかしら?びっくりしたのは牛角があったこと。2004年オープンだったようですけど、なんでまた
          この場所に?!というくらいミスマッチ。もっと驚いたのはメイドカフェまであったのだ。ニッポンジンヤリスギデス・・・・

          そしてオーチャードエリア
          この日は暑さと湿度の凄さで、なるべく外を避けながら、汗をかいたらショッピングモールに入る、また、出る
          のくり返し(何せ、モール内はクーラーもきついので・・・)
          Paragon(290 Orchard Road Singapore 238859)をチェックし、クリスタルジェイドで飲茶ランチ。
          高島屋の恒例ビッグツリーを鑑賞。まさにSPツアー街道まっしぐら。

c0120866_18524934.jpg


          SPの旅。もう少しお付き合いくださいませ。
       
      
by minoise29jp | 2007-11-12 19:15 | recipe | Comments(2)

singaporeの旅。題してサバイバル?旅行 ①

        思ったとおり、singaporeは暑かった。いやっ熱かった!!

        4度目のsingapore(以下SP)の今回の目的は刺激を求める?!旅と自己満の世界にどっぷり浸かってきました。
       
        SPと言えば面積は東京23区とほぼ同じと言う決して大きくはない国土で人口密度も高いですけど、貿易立国であるため
        一人当たりのGDPは非常に高い。
        経済も近年はまったなしのプラス成長。人々が元気なわけです。
        タクシードライバーが“経済はベリーストロング!!”と意気揚々と言うくらいですから凄いのね。きっと・・・
        
        だったらローカルエリアもそれなりに楽しめそうかもしれません。と言うことで今回はオーチャードロードエリアや
        ハイクラスHは避け、未開エリアに拠点を置き、SPの真髄を究める?アンライク女将のサバイバルツアーに決定。

        ・・・・とその前に、友人は初SPでしたので、これだけは行かないといけません。
        セントーサ島の、マーライオンを見に行きましょう。

c0120866_1210291.jpg


        シンガポール随一のアイランドリゾート。セントーサ島に行かずしてSPの旅は完璧とは言えない?!(とは思いませんが)
        前回よりスペシャルな交通手段ができたので、女将もいやいや解消。物凄く便利になりました。
        セントーサエクスプレスと言うモノレールスタイルの乗り物が島内をつなぎ、なんて楽チン♪しかも、たったの
        3S$(1S$=80円弱)で島内を周れます(マーライオンタワー入場料は別途)

        ここで、まず驚いたのは、インド人ツーリストの多いこと!3年前にはありえない光景。しかもインド人
        男性の(殆ど男性)身なりはもちろん清潔感たっぷりで、年齢も20~30歳代のなかなかのダンシ達。
        写真↑ガウディ作トカゲちゃんのようなグエル公園もどきのオブジェの前ではフォーリーブスか?!
        (フルすぎ?だって4人組だったんですもの。序に顔もちと似てる?!)っていう
        ようにインドダンシ達が腕を組み写真を取りまくってました。(お陰でこちらがなかなか写真とれず)

        そうでした・・・・エクスプレスに乗るときもこの始末↓
c0120866_12305470.jpg

        BRICsを目の当たりにしたかのようなセントーサ島でした。


        さて、今回滞在したホテルももちろんローカルエリア。ブギス駅近くのGOLDEN LANDMARK HOTEL。        
        このエリアはアラブ人街となります。、アラブストリートが近く、これも興味ありの一つだったので、早速散策。

c0120866_1235381.jpg


         アラブストリート近くに立派なモスクがあり、昼間から礼拝する人達が出入りし、私達でも入れそうなオープンな
         様子。ただ最近はこのエリアに商売を目的に中国人、インド人がかなり増加し街並みも変貌しつつあるとのことです

         アラブストリートの歴史        


        次なるは、初リトルインディアに潜入。

        セントーサ島で会ったインドダンシ達にも驚きましたが、リトルインディアにはただただ固まりました。
        空気を吸うのもやっとなくらいのこのエリア。アタシ、ヤッパリ、インドニハイケマセン・・・ゴメンナサイ。

c0120866_13121158.jpg

        X'MASのデコレーション?がこの通り一体に広がります。
        そして人・人・人!!!
        ここはインドか?!って言うくらい(そりゃそうね。リトルインディアだもん)のインドの人々。歩道に立ち止まっているため、
        歩行者、車の障害物に近い状態。どいてよ。って何度言ったか(心の中で・・・・気弱です)
        彼らは団体が好きなのか(もちろんメンズ同士)、常にチームのように行動しているように思えてなりません。
        友人も流石に無口。この1,5KMはありそうな通りを頑張って歩きました。途中ようやく雑貨ショップで
        土産ゲットできたのは有難かったけど、もし、もう一度買いに行って!と言われても二度と行かないでしょう。

        歩道に車道に連なり佇むダンシ達をカメラに納めたかったけど、やめときました。が、一つだけ(消去したつもりが・・・)
        あったのでアップします。

c0120866_13212713.jpg


        何?何?この人だかりは~!と思ったら、デジタルプリントショップでない?!この人達フィルムプリントして
        もらってるの?なんだか、何なのか、よくわかりましぇん。
        いずれにしてもインドダンシ達のチーマーには脱帽です・・・・・
by minoise29jp | 2007-11-12 13:32 | recipe | Comments(4)

上越、中越、下越・・・・の旅 その②

       相変わらずがっつり吞んだ翌日は、美味しい質の良いワインのお陰で怖いくらい元気な我々。(家人は朝からゴルフ練習
        でワタシが目覚めた頃には既に不在?!いつものことですが・・・)
       
       そこでまたまたご夫婦より連絡を頂き、行列の出来るラーメン屋に行かない?!と。早く行けば行列回避!?と
       折角ですから行くことに・・・・

       かなり早めに行ったつもりのようでしたが、ジョーダンでしょ!と思うくらい到着時既に行列。

      
c0120866_1749836.jpg


       店内にも椅子があるので、待ち時間は未定。
       東京だったら、ましてラーメン屋で並ぶなんてありえない女将ですけど、旅先では、何でもOK.ワクワクぅ~♪

       結局1時間待ち、噂の塩ラーメンにありつけた(ので、あまりの空腹にフォト忘れ。)
       初めての味。
       佐渡の焼きあご(トビウオ)を使用した海産系スープと、円やかなコクの動物系スープのWブレンド。
       詳細はこちら⇒麺屋あごすけ

       すっかり上越を満喫し、次なる目的は中越。
       中越と言えば2度も地震の被害に遭い、今でも復興に向けてあちこちで復興作業中
       ただ未だ今年の柏崎での大地震を物語るかのように一部高速道は片側車線のみの50km規制運行となっていました。
       現実を目にすると、日本ってほんとに経済大国?!政治家の茶番劇しかり、治安も今ひとつ。
       早期インフラをするべきなんでは?とつくづく思います。

       行き先は長岡の近代美術館で開催されている“カリグラフィーの世界 作品展”へ。
       東京に戻り久々に復活した我がカリグラフィー。
       作品作りに向けて参考にさせて頂こうかと・・・小田原真喜子さんも特別出展してます。
c0120866_18325284.jpg

       会場内は撮影禁止だったので外見のみカシャリ。

       近代美術館やその近辺も秋めいた雰囲気でとてもステキな場所でした。中越ガンバレ♪
c0120866_18404926.jpg


       そして下越。
       下越は東京で言えば中心の新潟市ですね。
       ここで暮らした2年間は私にとって大変プラスになったと思います。バンコクから新潟と言う、気温差?℃で
       引越し当初は泣・泣・泣・・・でしたがお陰で忍耐力、(これ以上ついても困りものですけど)、たくましい友人達と知り合え
       楽しく過ごすことができましたもの。

       時々はサクッと行って管巻いて新潟市を荒らすオンナになっちゃおっか!?なんて、立ち入り禁止令出されそう(笑)

       てことで、セミナー、新潟横断ドライブと満喫できた1週間でした。
       そんな不良女将ったら外の空気も吸いたくなってしまったので明日からタイトな旅行に行ってきます。
       根っからのフリョーだ・・・・・・
       
      

       



       
by minoise29jp | 2007-11-06 18:54 | recipe | Comments(6)