日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

胡豆魚梅参茶?!

c0120866_1226046.jpg

       今年の中央区新春オープン講演会は日経新聞・食のコラム(長寿食)でおなじみの永山 久夫さんの長寿食
       のセミナーでした。

       テーマがテーマだけに(なんたって長生きするためのキーワードですから)参加者は・・・・・シニア大多数。
       思わず圧倒されてしまいました。

       食の講演会は度々行きますけど、話を聴く必要のない人ほど(良い意味で)参加する率が高いな~と思ってしまいます。
       食育のセミナーなんて子育て真っ最中の人よりもその親(子供にとっておばあちゃん)が来ていたり、今回も
       絶対に長生きしそうな人ばかり(あらっ、すみません。これも良い意味でポジティブってことです)、しかも8割は女性。
       2割の男性(おじいちゃん)のうち偶然ワタシの両隣に座っていたおじいちゃんたちは控えめでワタシ同様圧倒されていたようです
       が、長寿食には興味津々のようでした♪
       


       女性シニアパワーはあっぱれ。永山さんがステージで話をしている時にも、客席から平気で“そうそう、ふむふむ”みたいな
       合いの手を入れてしまう、ぶっ飛びバーサン達。大丈夫よ貴方達は・・・・と心の中で思わず呟いてしまいました。

       永山さんの講演会の内容はここで言うまでもないので、時間のある方は一度講演会に行かれてみては如何でしょう。
       76歳とは思えない、歯切れの良さとユーモアありでなかなか面白いですよ。HPもわかりやすく胡豆魚梅参茶
       詳細が書いてあります。

        永山 久夫 オフィシャルサイト

       そして近頃マイブーム我が家の長寿食と言えばこちら
c0120866_12503078.jpg

       元々、朝食は和食が基本の我が家では五穀米、十穀米・・・などを使うことも度々、味噌汁はほぼ毎日食べます
       (永山さんの言う長寿食の代表、大豆!。味噌汁は毎日、一日3回でも良いとのこと。塩分を取りすぎ?!と思いがち
        ですが、その分野菜を3種以上いれることで塩分を抑えられるようです)
       
       ↑は義母から頂いたもので、お取り寄せしているようです。最近はこれに嵌ってます。因みに寿穀舞の内容と言えば・・・・
        はとむぎ・とうもろこし・黒胡麻・黒豆・黒米・小豆・アマランサス・緑豆・発芽玄米・クコの実の十種です。

        永山さん曰く、飽食の時代、食の欧米化が進みすぎて少子高齢化よりも少子早老化の時代が来そうなことを懸念
        していました。確かに・・・・・今こそ地産地消を見直すべき時代なんですね
by minoise29jp | 2008-01-30 13:31 | Comments(4)

懐かしのエリア・・・ここはどこ?

c0120866_23183336.jpg
               ここはどこ?

         
         
         週末ン年ぶりに横浜・馬車道に潜入。

         第二の姉(第一は実姉なもんで、二は・・・姉に近い存在とでも言いましょうか・・・)が3年ほど前に馬車道@みなとみらい線
         駅上に住まいを購入。

         多忙の第二姉ことKさんとスケジュールが合い(アタシは暇ですけんど)ようやくお宅訪問実施。

         初みなとみらい線(東京不在中にできてた・・・八丁堀からもかなり便利な存在で横浜方面行きが楽になりました)
         の素晴らしさにもあんぐりですが、馬車道なんて何年ぶりーーー。
         女将横浜時代はなんたって麗しき乙女の?!のブイブイ頑張ってた頃、関内辺りで食事してバーバーバーで〆。時には
         元町でウインドショッピング山手のドルフィンに行き・・・・みたいな可愛らしい時代もあったのに、今じゃすっかり完全オヤジ化(涙)

         そんなKさん宅のビューがなんたって↑フォト。クーッ、羨ましすぎる。(因みに21階建の20階がKさん宅。居住者は20階まで
         なのでトップってことなのね)
         マンションのロビーも・・・・

c0120866_2334798.jpg

         何これ・・・
c0120866_23355139.jpg


         ごめんなさい。我が家に招待できません・・・(苦笑)

         なーんて、なんたって女将のお友達ですもの、素敵な所に住もうが、キャラはのりのり底抜けに明るいKさんなので吞んだら
         一緒。オヤジ丸出しの我々は結局気取れず・・・・あー罪なオンナ達ね。

         馬車道潜入前に直ぐに始まる宴・・・・相変わらずです。
c0120866_23483523.jpg

         まずは景気づけに部屋で一杯。
   
         今夜はKさんハズも参加で、彼の帰宅を待ち、お二人の行きつけ店からイタリアンのこちらに連れて行って頂き
         ました。
         横浜で最も古いイタリアンOriginal Joe's
        
c0120866_23504429.jpg

         1953年オープンですと!何ともレトロな雰囲気(因みにスタッフもかなりレトロです・・・)


         

         

More
by minoise29jp | 2008-01-28 00:16 | gourmet | Comments(7)

ムーランジュールに癒されて・・・・・

        
c0120866_12235390.jpg

          待ってました。
          ロートレック展。大阪、名古屋を経て東京にやってきました。

          ある時期からアンチ東京の美術館だったのですが(あの人混み、狭い、見難い、東京の美術館には懲り懲り
          でしたので、いつの頃からか遠のいてしまっていたな・・・・)東京ミッドタウンのサントリー美術館には一度お邪魔
          したかったのとロートレックの描くポップで愛くるしい人物画が特に好きで今回は待ちに待った
          東京上陸(Metやオルセーで観て以来なので・・・)
          初日混雑を覚悟に行ってまいりました♪

          ところが、夕方出かけたのが功を奏したのか、場所柄お客様も品格?!があるのか?思いのほかすんなり、
          ゆっくり鑑賞ができ、ロートレックの素晴らしさは言うまでもなく、今までの東京の美術館のマイナスイメージが
          払拭。鑑賞のための動線が実に上手く作られていて、観る側に癒しの空間を与えてくれるFeeling of hospitality・・・
         
          オルセー美術館はもちろんオーギュスタン美術館やサンパウロ美術館の作品もあり鑑賞後は何だか
          100年前のフランスにタイムスリップしたくなってしまいました・・・・
c0120866_12542954.jpg
          


          暫し、六本木でムーランルージュに癒されたこの日、夜は食で癒しです。
c0120866_12565733.jpg


More
by minoise29jp | 2008-01-27 13:21 | Comments(2)

そう言えば、新年会・・・・

        世界同時株安と昨夜はTVから目がはなせませんでしたね・・・・と思ってたら日本時間PM11:00過ぎにFRBが0.75%の利下げ。

        WBS(ワールドビジネスサテライト)のコメンテーター達もまさかの大幅利下げに、何だか焦燥感たっぷり&コメントもおぼつかない
        2001年のテロ以来の株安。と言っても今回の要因はサブプライム。日本は暗黒の時代住専の問題などだらだら
        やっていて5,6年もかかっていたのに、アメリカの対応の早さは少し見習うべきでは?!と一般ピープルながら
        思ってしまいました。何にしても対応が遅い日本。世界の目は中国、香港、SPに向けられて置いてけぼりに・・・・
        グローバルと口では言っていても驚くほどドメスティックな日本(特に、政治家、公〇員)ですよ。今何故に暫定税率
        なんでしょう。目先のことよりまだまだ棚上げされている問題が山積みでしょうが・・・と久々に立腹、辛口で悪しからず。


        さて年明けから旅日記ですっかり忘れ去られていた、新しい年の宴=新年会もちゃっかり数回にわたり
        やってしまったわけで、ざくっとアップさせて頂きます。

        旅後(年明け)直ぐにまずは家吞み。

c0120866_11113892.jpg

        昨年末、女将ドタキャンでその埋め合わせとして初っ端友人を招待。
        無性に食べたくなってしまった“チーズフォンデュ”を筆頭に、ビーツサラダ、ホタテの春巻きなど・・・で
        明けおめ~でした。詳細は友人のブログをご覧ください(masaminさんお借りするわね) happy to meet・・・・

c0120866_11155415.jpg



        
        ここからeat outが続いたので端折ってアップさせて下さいね。
        本年2度目はこちらでしっぽり。
c0120866_11205668.jpg

        昨年水天宮から茅場町方面に向かい2本ほど通りに入ったオープン間もない“Purana BARCA"
        店内の雰囲気が好みです。

c0120866_11244453.jpg

c0120866_112558.jpg

        正月早々だし(空いてました)場所柄ご近所らしき人のみの客人(普通の平日ならリーマン達で賑わいそう)
        いろいろオーダーしましたが、こちらのご自慢はPIZZA!本格窯焼きピザですよ~
c0120866_11282598.jpg

        デカイ!美味い!お手頃!の3拍子。
        隠れ家的だし、今後も使えそうなお店です。我が家からも自転車で10分くらいだし・・・


       お次は久しぶりの銀座ベルビア館、銀座六景前回はこちら
       これまた久々に串はんさんでワインはバーからオーダーします。
c0120866_11331150.jpg

       好みを伝え、いつものまさしくん風ソムリエが3本持参。そのうちの1本。CA帰りなので思わずオレゴン州ウィラメットバレーの
       ARGYLEのシャルドネをオーダー。うーん、ちと違うな。クリーミーさにもかけるし、串揚げにはもう少しパンチの
       きいたものが良かったような気がします。
      
       
    

More
by minoise29jp | 2008-01-23 12:19 | event | Comments(6)

California Wine Country~の旅。おしまい。

         長々ダラダラと旅ブログを書きましたが、これで最後です。お付き合い下さった皆様ありがとうございます♪
         書き込みなしの友よ、別途コメントもありがたく頂戴しました。あくまでも自画自賛の旅でかたじけない・・・・(苦笑)

      
         さて最後は観光エリアで賑わいのあるFisherman’s Wharfへ・・・・


c0120866_2222365.jpg

         
         フィッシャーマンズワーフの沖3kmの所に浮かぶ小さな島。と言えばあの映画アルカトラズからの脱出の舞台
         アルカトラズ島ですね。人気ツアーらしいですが、時間がなく今回は行けず・・・残念。
         またこのエリアは大変広く、全部を見るわけには行かないので最もメインのPier39へ行ってみることに。
         さすが観光客で一杯です。

         ぶらぶら歩いていたら、あらっこんな光景も・・・
c0120866_230037.jpg

         ストリートパフォーマンス?!動く人間ロボットの周りには子供達が群がっています。
         続いて有名なBoudinbakeryのデモンストレーションも人だらけ・・・・(ミュージアム内も)
c0120866_22423818.jpg

         ↑の男性のパン作り工程もなかなか面白い。パンの形もね・・・

         
         ディナーまで時間が少しあったので、やはり立ち寄ってしまうのはこちら・・・
c0120866_22461165.jpg

         NYで必ず立ち寄るブックストアーBarnes&Nobleがここフィッシャーマンズセンターエリアにあるのをリサーチ済み。
         嬉しい~(もちろんSale時。ウヒッ♪)洋書は現地でしかもSale時に購入が最も安価でゲットできますよね~。時間を忘れ
         併設CAFEで暫しreading。


         そして最後のDinnerは賑わうピア39付近のこちら。
c0120866_22571333.jpg

         ALIOTO'S  8 Fisherman's Wharf, San Francisco

c0120866_23142347.jpg
               ホールから階段付近は歴史を感じさせる重厚感。

         

More
by minoise29jp | 2008-01-20 23:18 | recipe | Comments(4)

California Wine Country~ NEW YEAR IN SAN FRANCISCO

        NEW YEARのサンフランシスコは昨夜のカウントダウンの名残が街のあちこちに・・・・はっきり言って汚れてる(苦笑)
    
        昨夜吞みすぎた不祥事の爪跡があちこちに・・・・ここは夜明けの新宿か?!とりあえずユニオンスクェアまで
        行ってみればNEW YEARの気分を味わえるはずです。

c0120866_23214056.jpg

        ホッ。ニューイヤーだー!!

        ブランドショップ(ほぼCLOSEでした)を覗こうなんて、そんなつもりは毛頭ありません!ワインが目的な旅なのですから。

        なのに何故にこんな誘惑が・・・・
c0120866_23261017.jpg

        見つけちゃったよ、バーニーズ。しかもSALEだと。
        覗くだけね♪と家人に囁くが時既に遅し・・・・

        家人にはメンズフロアに行ってらっしゃーい!と指令を出し、我輩は駆け巡るレディースフロア。
        背後からショップスタッフに英語で声をかけられ振り向いたら”なぬ?”お互いに日本人とわかりその後
        話が盛り上がってしまい散々話し込む。ここで大汚点をやらかす女将ですがその話はあまりにも情けないので
        アップせず。NYのバーニーズより狭いですがカジュアルな雰囲気でなかなか掘り出しものもあり、お得感たっぷり。
        オープンして間もないとのことです。とりあえず、良さげなのを3着ほどゲット(いぇーい!)
        
        そして今回のSFでの目的場所こちら。
        
c0120866_23433957.jpg

        1980年設立からニューヨーカー達の圧倒的な支持を得てめきめきと成長、今ではLOHASの横綱的存在。
        Whole Foods Market。(以下WFM)前回NYでゆっくり見ることができなかったので今回は人気の秘密をたっぷり
        覗いてみました。


        


        

More
by minoise29jp | 2008-01-20 00:14 | recipe | Comments(0)

California Wine Country・・・・・New Year's Eve in San Francisco

         Hi!
         愉快な旅ナパ・ソノマからサンフランシスコに戻ってきました。
         ホテル到着はPM5:00を過ぎ。ほぼ半日のドライバー女将もかなりお疲れモードです・・・・が大事なディナーが待っています。
         そう言えば、昨年は香港・マカオの旅
         New Year's Eveを香港で過ごしましたが、レストランをリザーブし忘れ散々な目に合いましたっけ・・・・

         ジャジーな気分で大晦日♪もいいわ~といろいろリサーチしたところサンフランシスコで今旬なJazz Clubを
         併設のYoshi'sを発見(こちらの店オークランドに一号店あり。)
         NYではNOBUさん、SFではSHOさん?!なんでしょうか(因みにYoshi'sのオーナーは日本人女性とスタッフより 
         聞きましたが・・・・)
 
         Jazzを聴いてから食事でも!と前以てネットから予約を試みたが、Jazz Clubのシートはほぼ満席(涙)
         この日のゲストはカウントベイシーオーケストラだったので、特に聴きたかったのに・・・・残念。ディナーだけでも楽しむ
         ことにします。

c0120866_1142118.jpg


         一際目立つYoshi'sの看板。
         エントランスには黒人スタッフがやけに目立つ。いや黒人スタッフが多い・・・ジャジームード満々。
         何のことはない、レストランとJazz Clubが併設されているのでミュージックは思い切りレストラン内に響きわたる
         じゃありませんか。しかもカウンター付近に大型TVがありそこはライブ放映。チケットこそゲットできませんでしたがリアルに
         ライブの音楽を聴きながらの食事はまさにNew Year's Eveにふさわしい★

        
c0120866_1154575.jpg

         ナパのGo Fishに続きここでも和のブームを目の当たりにし、ネオジャパニーズキュイジーヌばんざーい!!って感じ?!

         食事はプリフィックス・スタイルでカウントダウンメニューの1タイプのみ。@$100。
c0120866_121630.jpg

         LA FOND CHARDONNAY少量生産らしい?焦がした蜂蜜にナッツが相俟ったような香りで
         トロッと舌に絡むようなまったり感。カリフォルニアのシャルドネはリーズナブルで、そこそこクオリティが高いもの
         もあるんですね(日本じゃ滅多に吞まないし、吞い比べもしないので勉強不足だった自分に気づきました)

         そして食事は・・・・



         
         

More
by minoise29jp | 2008-01-18 13:10 | recipe | Comments(4)

California Wine Country Napa Valley~San Francisco

   最終訪問先ワイナリーは一番行きたかった所。Rubicon Estateです。

          このワイナリーのオーナーはあのゴッドファーザーの名監督フランシス・フォード・コッポラで有名ですよね。
          ゴッドファーザーフリークの身としては興味津々。コルレオーネファミリーが住んでいそうな外観はさすが監督。
          演出にもぬかりないです。

c0120866_1273271.jpg


          エントランス手前でポーターらしきスタッフにキーを預け駐車をしてもらえます。もちろん帰りは出口に車を廻して
          くれます。
       
          ラッキーなことに直ぐにツアーに参加できるということで漸くワイナリーツアーにありつける。
c0120866_12282323.jpg


          ドンコルレオーネを彷彿させる案内人Mr.Kenに続いて参加者12,3名のツアー開始です。

c0120866_12284872.jpg

          まずはこの部屋でワイナリーの歴史を聞きその後ワイナリー内をぞろぞろと進みます・・

c0120866_1229418.jpg

          樽香を利きながら、Mr.Kenの話も聞きながら(早すぎて5割弱しか理解できない女将・・・・情けない)
          蔵を抜けると壮大な葡萄畑が広がります。現在有機栽培も行われているようです。眩し過ぎ、この時期でもサングラス
          必須です。        
         
          約30分のツアーを終え、個々にテイスティングルームに移動。
c0120866_12403077.jpg

          うはっ。
          やはりテイスティングルームも立派なもんです。
          マイケルことアルパチーノは何処?!と勝手に言い続ける女将。家人は無視状態。どーせ、ちょびっとしか
          吞めないですから、せめてゴッドファーザーの気分でも味わいたいもんよー。

c0120866_12474294.jpg

          ルビコン(赤い川)はカベルネソーヴィニョンとプチヴェルド、カベルネフランをブレンドしたメリタージュで
          エレガントさを持ちながら熟成によってワイルドになりそうなボルドーの雰囲気。

          それより目をひいたのは↑カスク、カベルネソーヴィニョン!即買いです。女将にとってコッポラのイメージはカスク。

           名残惜しいルビコンエステート、ここでゴッドファーザー愛のテーマでも流れたら....完璧だったのにな~

           ワイナリー巡りはここで終了。
           ナパの最後はワインと食とアートの殿堂“COPIA"に向かいます。
          


         

More
by minoise29jp | 2008-01-16 13:27 | recipe | Comments(8)

California Wine Country Napa Valley最後の夜と最後のワイナリー訪問①

        ナパ最後の夜。明日の夕刻にはサンフランシスコに戻らなければいけません。
        でも案外平静かも・・・ブルゴーニュワイナリーを去る時よりも、寂しくも何ともない?!のはたぶん
        こんなにアクセス良く、しかもワインとたっぷり触れ合えて、楽しませてくれる場所はショートステイでもOKだし、
        いつでも来られるものね。
 
        ヨーロッパだとそうはいかん。時間と富がもっと必要だし(と言うかゆっくり行きたいし)・・・

        今夜は日本食と魚料理いろいろの店“Go Fish"
        今、ナパで最も注目を浴びているらしいこの店。予約をしたのにウエイティング。次から次へと客人で
        パーキングは車で溢れてましたっけ・・・・

c0120866_23133162.jpg

      
        物凄い活気にこれぞ日本食ブームの本物!!と言うのを見せていただいた感じです。
        こーなると今夜もグイグイいってしまいます(昼はドライバーなもんで・・・・ってしつこい?!)

c0120866_23423898.jpg


        こちらでダントツで気に入ったワインは・・・・・
        Viognier Stag's Leap Winery 実は隠れヴィオニエファンでもあるのですが、仏ローヌのヴィオニエ
        よりこのStag's Leap Wineryのヴィオニエったら、かなりコスパ良しです。
        (因みにこちらのワイナリーはカベルネソーヴィニョンが有名です)

c0120866_23543191.jpg

        料理も人気の秘密がわかるような気がします。牡蠣はkumamoto種、本場のカリフォルニアロールは
        メニューも豊富。↑のセロリピューレとりんごのバルサミコ酢をコラボした帆立のサラダがとても美味♪
        Japanese sake!!も北海道、滋賀、青森、新潟と嬉しいセレクトでした・・・・


        さて最終日はまず、日本で最も有名なRobert Mondavi Wineryを訪問。
c0120866_0352314.jpg

       

More
by minoise29jp | 2008-01-13 01:00 | recipe | Comments(2)

California Wine Country Napa Valley~Sonoma County②

         急がなきゃと思うと余計に焦るもので、カーナビつきの車でありながら道を間違える自分に焦りはピーク。

         次に行く前にどうしても行きたかったレストラン。
         焦ってがんばったのに・・・・

c0120866_19213583.jpg

         John Ash &Co
         4330 Barnes Rd.,Santa Rosa CA95403
         TEL 707-527-7687
         http://www.vintnersinn.com/

       
         サンデーブランチはお休みだと・・・・ガックーシ。

         仕方あるまい。これも旅なのだ。また来ようっと。

        
         で、次は家人のリクエスト。カルトワインを数多く生み出したと言われるMartinelli Winery

c0120866_1936798.jpg

         とても小規模なワイナリーで、一瞬見逃しそうな場所にありました。

         白金髪の長老マダムがカウンターを一人でしきり、数々の質問に応えながらテイスティング。因みにテイスティングはフリーです。
      
c0120866_19394996.jpg

 
         ピノノワールが有名らしいのでまず口に含みます・・・・んっ?!うーむ・・・はっー、はっきり言って??って感じです。
         これらが入手困難なの?(パーカーさんほんとかいな?!)とだけ言っておきます。何だかここまで来たのに残念無念。

         そしてこの日の締めは二人とも行っておきたかったこちら。CHATEAU ST JEAN          


c0120866_1953378.jpg


More
by minoise29jp | 2008-01-12 20:27 | recipe | Comments(0)