日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
Do you like Sh..
at 2016-07-13 15:27
Cooking event ..
at 2016-07-13 15:21

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ルネッサンス発祥の地フィレンツェから映画の舞台アレッツォへ♬

このままフィレンツェにあと数ヶ月、いえっ、数日でも良いから滞在していたい....
と、どれほど思ったでしょう。
そうも言ってられないのが現実(汗)そんな美味しい話はいつかのためにとっておこう。

最終日は次の場所へ移動迄の時間、街をwalking。

メディチ家礼拝堂を観て....
c0120866_17244424.jpg

c0120866_17252179.jpg


サンタ•マリア•ノヴェッラ教会へ行き....
c0120866_17261162.jpg


c0120866_17264624.jpg


サンロレッツォ教会も忘れずに....
c0120866_17272412.jpg


しつこいけど最後のフィレンツェ滞在でランチもまた良し。
c0120866_1728691.jpg

最後の食事は駅近くにあった、Deli風なお店(店の名前をメモるのも忘れたくらい時間がなかった...)
とは言えシンプルなペンネアラビアータとラタトゥイユを....もちろん、ワインも
呑んだ事は忘れてません(笑)

さてフィレンツェに後ろ髪惹かれながらもこの後は映画の舞台となり今では人気の場所アレッツォに向います。


フィレンツェから列車で約1時間でアレッツォに到着。

私を迎えてくれたのは....こちら。
by minoise29jp | 2012-01-31 22:38 | trip | Comments(2)

フィレンツェで市場

相棒が先に日本へ帰国したので後半は一人旅

その土地の食を知るのに欠かせない市場巡り。
Mercato di Sant'Ambrogio(サンタンブロージョ市場)
Mercato Centrale(中央市場)の2カ所を廻りました。

先ずは宿泊先から直ぐのMercato di Sant'Ambrogio
中心地から離れているのもあり、どちらかと言うと地元の方に馴染み深そうな市場
c0120866_1875597.jpg

店外はフルーツ、野菜のオンパレード。色鮮やかなフルーツやフレッシュな野菜達、見ているだけで
シアワセ〜。(そうそうその横で古着や、雑貨も販売されていたのが地元らしい....)
早朝一番のりだったので客もまばら。店もオープンの支度で店員さんたちが忙しなく動いてますが
美味しいものをおいしそうな人達(笑)が楽しそうに仕事しているって、イイですね。

c0120866_1883172.jpg

おーっと!Parmigiano Reggiano!!
日本に持ち帰ることができるチーズ、しかもお得ですから買うしかありません。
帰りの荷物の重さを考えていたら何も買えないですしね...(いつも大変なことになりますが。汗)

トスカーナ産の3年熟成が最高だよ!!とおじさんのスマイルに完全に負けた(笑)
c0120866_1885948.jpg

では1kg♬
ということで我が家にはこの塊がまだ半分以上残っています。

c0120866_180676.jpg

店内を廻れば廻る程、困りものくらい欲しいものが出てくるので市場って魅力ありすぎです。

カウンターでカプチーノを頂くがこれも美味!
c0120866_1893351.jpg

イタリアはコーヒーが本当に美味しいな〜。スタバがないわけがわかる?!

さて午後はMercato Centrale(中央市場)
ここへ行く迄に露店がたくさんあり、そこにはまた安くて魅力的な皮製品の数々。
市場入店前についつい余計なものを購入してしまいそうな....いえっ、完全にしてました(笑)
c0120866_1825342.jpg

サンタンブロージョ市場と違って観光客も多い中央市場は若干洗練されていて土産風なものも
多いです。
またここで働く日本人女性の多さにびっくり。在住2年、そうかと思えば10年....いろいろと話を
聞きましたが,皆さんがんばってますねぇ。参りました>_<

c0120866_1826936.jpg

c0120866_1826368.jpg

中心地だけに観光客やビジネス客をターゲットにお惣菜風のものも多く、チーズも小ぶりな
感じで売られてます。

結局荷物の重さも忘れなんだかんだと買い物をしてしまうのも市場ならではです。
c0120866_1827367.jpg

次回はスーツケースを特大にしようと思った次第。
by minoise29jp | 2012-01-29 16:42 | trip | Comments(2)

ルネッサンスの芸術集結とフィオレンティーナ

忙しいけど楽しい旅の続きはランチ後お楽しみの場所へ....
c0120866_16493852.jpg


シニョリーア広場でたっぷり彫刻を堪能した後は、行くしかアリマセン。
c0120866_16502336.jpg


Galleria degli Uffizi(ウッフィッツィ美術館)
ルネッサンス絵画の名作集結!
ダ•ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロの三大巨匠の印象的な作品の数々の迫力に
感服しすぎました。他、大好きなボッティチェッリ、春ことプリマヴェエーラの素晴らしさは
言葉で言い表せないくらいステキです。
ローマのヴァチカンとは違って、NO Phtotoなので感動はお見せできませんが....と言うより
行って観て是非感動を味わって頂きたいです♪
c0120866_16504592.jpg

ヴェッキオ橋も観てみましょう。

事前予約も出来ますが、直接行くのなら夕方の方が良いとチェックしていたので、比較的
混雑せずゆっくり作品を鑑賞できました。
とは言え、駆け足で観ても2〜3時間はかかります。

観賞後広場すっかり日が暮れ、夜の雰囲気も味わえました(写真にはないですが、夜のヴェッキオ橋もステキです。


c0120866_16513881.jpg


c0120866_1652399.jpg


さて相棒とは最後のディナー。
疲れ果てていたのもあり、ホテルの近くで!と、日中ワイナリーツアーに宿泊近くの
お薦めレストランを聞いていたうちの一つにお邪魔しました
c0120866_1658116.jpg

OSTERIA SEMOLINA
c0120866_16584382.jpg

地元のお客さん?!で店内は盛り上がっていました。
カジュアルなお店の人気はピザ!と言うことで、お薦めいただきました〜

そしてフィレンツェへ行ったら是非食べて!!とイタリア通の友人から薦められたのがこちら...

続きはこちら....
by minoise29jp | 2012-01-25 23:19 | trip | Comments(0)

フィレンツェの街並みを一望した後は当たりのランチ☆

フェラガモワイナリーで満喫した帰りに、時間があったのでドライバーのイケメンさんが
ミケランジェロ広場に寄ってくれました。ありがたい〜。
c0120866_15534274.jpg

人気の展望スポットですが、天気が今ひとつだったのでクリアにはかけてましたが
写真より実際はそれなりに美しい街並を見る事ができ感激♪
c0120866_15541575.jpg

夕暮れ時はさらにきれいなんでしょうねぇ。

おーっ、ここにもダヴィデのレプリカ?!
c0120866_15544477.jpg


売店には嬉しいオチャケのラインナップ。日本じゃアリエマセン。
c0120866_15551336.jpg


少し遅めのランチは、またまた六感で入店(笑)
手前の席が空いていたので、大丈夫?と思ったら、奥の座席は満席。この旅で多々あった状況です。

と言うことはアタリ?!
店内は素敵だし....期待満々★
c0120866_15555461.jpg


c0120866_1556425.jpg


壁のオブジェもイイね♪
c0120866_1557563.jpg


誰も観てなかったら完全に持ち逃げ?!(笑)
c0120866_15573163.jpg


野菜が本当に美味しいイタリア、シンプルなサラダを頂きます。
c0120866_15575875.jpg


このトリッパ、美味しすぎます.....
c0120866_15582867.jpg


極太のタリアッテレはフンギポルチーニ、オリーブオイル仕立て。もちろんアルデンテ☆
c0120866_15585965.jpg


ワインはこれまた嬉しいハーフボトルの種類の豊富さに♡
c0120866_15592760.jpg

CASTIGLIONI CHIANTI 2010 FRESCOBALDI
サンジョヴェーゼ90% メルロ10%
フレスコバルディの中でも最も古い畑の一つ。豊満なのに柔らかさも持ちあえてるバランスの良い
テイストでした。昼だけにハーフですが、夜だったら完全フルボトルです...

c0120866_15594469.jpg

Ristorante NATALINOランチ(きっと夜も♪)でアタリなお店でした。
次回は夜に訪問してみたいですね。
by minoise29jp | 2012-01-23 22:47 | trip | Comments(2)

フィレンツェでワイナリー訪問

トスカーナ地方のワインと言えば誰もが知る”キャンティ”があります。

今回の旅の目的で忘れてならないのがワイナリー巡り。限られた短い滞在なので1,2カ所訪問
できれば御の字...
と言うことでプライベートツアーを利用しワイナリーを訪問しました。
c0120866_15241978.jpg

フェラガモ家のワイナリ-ことTenuta Il Borroへ行ってきました。

フィレンツェから車で1時間弱の郊外に位置するボッロ村にワイナリーがあります。
c0120866_15245197.jpg

ボッロ村はキャンティクラシコ地区近くにある村でこの広大な敷地をフェラガモ氏が
丸ごと購入したということで、ワイン造りはもちろん、他、宿泊施設や教会、ショップなど
もあり、最近では日本からウェディングツアーも実施しているようですね。

到着後、先ずは村を散策。貸し切り状態の村散策は少し寒かったですがとても気持ちがイイ。
丸ごと欲しいくらい(笑)

その後ワイナリー見学とテイスティングと、段取りの良い現地のスタッフに案内されて
行きます。

c0120866_15252074.jpg



c0120866_15255738.jpg


c0120866_15275468.jpg

c0120866_15282625.jpg

葡萄のフレンチオーク樽が素晴らしく奇麗に並び、品種毎に分けられています。
c0120866_1528575.jpg

一部約300年前?!のままのカンティーナもありました。スゴイですね。

テイスティングは中間エリアの落ち着いた雰囲気の中で行われます。
c0120866_15293644.jpg

c0120866_15295631.jpg

わかりやすいスタッフの説明に白:1、赤:3と試飲できます。

あえてキャンティではなくイル•ボッロと言う名前にしたのもわかる気がするくらい
独自の良さを出している新しいトスカーナワイン。
c0120866_15302566.jpg

メルローとカベルネソーヴィニョンを90%以上でブレンドしているのはもはやボルドースタイル
です。
因に畑の総面積45haはメルロー、シラー、カベルネ•ソーヴィニョン、
サンジョヴェーゼ、プティヴェルド。

帰りの事も忘れ4本購入。他、オリーブオイル、蜂蜜なども販売されているので試飲時に
頂いたオリーブオイルも購入。
帰国後ワインは既に2本呑んでしまいました(泣)
とは言え心配無用。日本のエノテカさんが唯一販売してますので、気に入ったものは再度
購入できます(しかしお値段がexpensiveなのですよ....)

今回は大きなワイナリーとしてはここだけしか行かれなかったのが残念ですが、次回は
巡って巡って巡りたいですね★
by minoise29jp | 2012-01-23 18:20 | trip | Comments(0)

Walking in Firenze2012

c0120866_1253628.jpg

ルネッサンスの古都、フィレンツェ。
街を歩いているだけで楽しい気分になります。600年の歴史を語るドゥオーモ
大聖堂広場、NEW YEAR夕刻でも人で賑わってます。

c0120866_1261769.jpg

フィレンツェでも犬を連れペアで散歩している人が沢山。
ただし、ウ○チに注意!!日本と違ってかまわず落ちてます。スペインも同じだったかと...

c0120866_127026.jpg


狭い路地裏も風情があっていいなぁ〜
c0120866_1272675.jpg


とは言え、こんなのもあちこちで見かけました。
日本の100円ショップじゃないですけどここでは99centなんですね。
c0120866_128066.jpg


夕方から2時間程のWalkingで以外とサクッと観光できてしまうくらいな中心地
New Yearだけにお休みのお店も多かったので寄り道せず済んだと言うこともありますが,....苦笑

そしてリストUPしていたレストランも残念ながらお休みでした。

と言うことでこの夜はローマからの移動とWalkingでかなり疲れてもいたので
ディナーは宿泊のB&Bから歩いて数分のお店に行く事に決めました。
c0120866_1212826.jpg

入店してみるも中心からも離れているので地元のお客さんらしき人が2、3組とのんびりした
雰囲気。
TRATTORIA DI'SORDO

c0120866_1284340.jpg

ワインはなかなかCPの良い物がありましたので、ゆっくりセレクトさせてもらいました。
ワインが日本の1/3で頂けるフィレンツェにこの時点で住みたいと思ったくらい(笑)

続きはこちら....
by minoise29jp | 2012-01-22 22:43 | trip | Comments(0)

New Year @フィレンツェ

2012幕開けは後ろ髪惹かれながらローマをあとにフィレンツェに向かいます。
ローマテルミニ駅からフィレンツェ・サンタマリアノヴェッラ駅はESで1時間40分(チケットは
日本から事前予約)
1等に乗車することをお勧めします。
ドリンクなどサービスあり。

さぁ念願のフィレンツェで2012新年IN♪

宿泊はフィレンツェ田舎便りのChihoさんに依頼し予約したB&Bホテルこと"CASA NUOVA"
予想以上に素敵な部屋で2日間の滞在ものんびりできました。
c0120866_23491174.jpg


何しろ部屋が可愛らしく、宿泊(部屋)客も少ないので一軒家のお宅にいるみたい。
クリスマスの装飾はもちろん、様々なデコレーションが楽しくチェックしまくってました(笑)
c0120866_23494964.jpg


部屋以外の食堂、居間(自由に出入りできます)も、やはりステキ★
c0120866_23503167.jpg


バスタブ付きと言うのが更に嬉しい〜
c0120866_235198.jpg


朝食は2、3組で頂くような感じでアンティークなテーブルにきちんとセッティングされてます。
c0120866_23515878.jpg

かなりシンプルな朝食はヨーロッパでは普通。私にはちょっと物足りなかったですが....(朝食を
たっぷり食べる派なので。笑)

食後テラスに出てフィレンツェの街を眺めるにも、のんびりできる落ち着いたB&B
オーナー夫妻がまた感じよく、奥様とはいろいろ話をさせて頂きました♪

女性、男性問わず一人旅には最適かも?!

さてフィレンツェではトスカーナワインをたっぷ頂いたり、ワイナリー、ウッフイッツイ美術館etc...
それはまた次回にて♪

c0120866_23521833.jpg

by minoise29jp | 2012-01-19 11:57 | trip | Comments(0)

countdown in Rome★

2011の〆をローマで過ごそうとビッグプランを練っていたわけでもなく、ローマに行ってみよう
と思ったのもただ漠然と....でした(汗)

ここ数年年末はアジア方面だったので、年末ディナー=ガラパーティーと言う図式が頭にあり
ハイソなホテルの高級ディナーをローマで?!なんてことは、ちっとも思わず、美味しいワインと
それなりの食事がアラカルトで頂ければ。。。。と、2、3チェック後入店したのがこちら。

c0120866_21532651.jpg

ALLA RAMPA

ホテルからだとスペイン広場へ行く途中にあるので、食事しその後カウントダウンのスペイン広場
へ行こう!!と言うのに、超コンビニエント。
後にこちらのお店を調べたら、このエリアでかなり優れものの店と判明。

確かに9時過ぎに訪問したもののウェイティング。
イン、アウトと大混雑してました。

c0120866_21541069.jpg

店内は日本の居酒屋風な洋風仕立て♪

ローマだからステキにオシャレに思えるんでしょうね。
c0120866_21544930.jpg



まずワインはローマだけにFrascatiを頂きました。ハーフボトルが嬉しい価格で種類も豊富!
それだけで感動してました(笑)
c0120866_21552786.jpg


丸ごとアーティチョーク(Carciofi)を頂けるのは嬉しすぎます。ワインとの相性も文句なし♪
c0120866_2156037.jpg


赤は翌日からのフィレンツェに向けトスカーナ!!
c0120866_21563780.jpg


オーソブッコ(Osso bucco)でマリアージュ。
c0120866_21571046.jpg


カウントダウンに相応しい店内の賑やかさも0時に近づく連れ、次第に静かになっていくのを
焦りながら必死に呑んでました(笑)

ギリギリ15分前に支払いを終え外に出てみると、、さっき迄大賑わいだったテラスが
ありゃ!?殆ど人がいません。
c0120866_22353066.jpg


ローマッ子はとっくに片手に泡を持ち、呑みカウントダウンに挑んでました。
c0120866_21583515.jpg

0時と共に歓声が上がり、それは凄い盛り上がり〜
こちらも負けてはいられません。ほろ余韻で“イェ〜イ”
花火、爆竹、泡攻撃〜と景気なんてなんのその!パワー全開☆ローマっ子!!
思いのほか楽しく、この後近くのバーで泡乾杯。
久しぶりに楽しいカウントダウンを味わえ、今年は日本にとって良い事がありますように♪
もちろん自分にとっても....とノリついでに願っておきましたyon.


途中こんなツリーも.....縁起よさそう?(メルセデス装飾ですよ〜)
c0120866_21591130.jpg


カウントダウンに物足りない方はYOU TUBEにたっぷりUPしたのでご覧ください
countdownの様子はこちら

さて2012の年明けはフィレンツェに向かいます!
by minoise29jp | 2012-01-18 22:49 | trip | Comments(2)

ヴァチカンのシンボルと古代ローマの殿堂

ランチ後ヴァチカンのシンボル、Basilica di San Pietro(サンピエトロ大聖堂)へ。

残念ながらこの日は大晦日、カウントダウンでイベントをやるらしく大聖堂内は訳合って
入場不可。何やら長い列があったのはイベントの関係?!
c0120866_23364227.jpg


とは言え外観と広場を観て廻るだけでも充分に歴史を感じられます
c0120866_23341281.jpg


皆さんフォト撮りまくり?!
c0120866_23345066.jpg


ミケランジェロの素晴らしさを再認識.....
c0120866_23352461.jpg


そしてコロッセオ。
コロッセオが滅びる時、ローマは滅びそのとき世界も滅びる”
う〜、スゴイ、殿堂!!
c0120866_23375221.jpg


そして思い出すのは!ブルータスお前もか!!のユリウスカエサル
c0120866_23382185.jpg

想像するだけでゾクゾクします。いえっ、ゾクゾクしまくってました(笑)
数年前ローマ史を読んでローマにいつか行きたいと思っていたのは言うまでもなく
長い歴史のそれは大きな存在を目の当たりにし感動そのもの。

歩いているだけでも歴史を感じさせるローマ。

サンタンジェロ城の橋のたもとはローマの休日の名シーンを思い出すし....
c0120866_23385514.jpg


沢山のことを肌で感じる、旅ならではですね。


余計な買い物をしてしまうのも旅ならではですが....(苦笑)
c0120866_23392032.jpg


さてローマ滞在もディナーとカウントダウンで2011を締めくくりました☆
by minoise29jp | 2012-01-17 23:06 | trip | Comments(2)

芸術を堪能した後はやはり食♪

Musei Vaticaniでビッグな芸術を堪能したら、お腹が空きました。

ヴァチカンから数分歩いたら、賑やかそうなレストラン発見(他、いくつかのお店もあった中で
六感が働いたのがこちら)

TAVERNA"Antiche Mura"
日中は陽が当たると5月並みの陽気なローマ。アウトドアで問題なし☆と言うかアウトドアで
お願いします。
c0120866_1250162.jpg

ハウスワインが充実なヨーロッパでは必ずハウス系です。ここでもハウスワインのグラス♪

c0120866_12504821.jpg



野菜が甘くて美味しい。ドレッシング不要ですもん。
c0120866_1251125.jpg



魚介のマリネもオイルが美味しいので洗練されたお味。

c0120866_12513664.jpg


ラビオリも文句なしの美味しさです。
c0120866_125232.jpg


オリジナル手打ちパスタはきちんとアルデンテ。
c0120866_1252321.jpg


冬?昼?と言うことも忘れ、ハウスの赤も大盛りでしっかり頂きます。
c0120866_12525691.jpg


スタッフも気が利いているし、ランチでたっぷり食べても現ユーロだととてもお得に
感じたランチinローマで、大満足でした。

さてサンピエトロとコロッセオも待ってます。
by minoise29jp | 2012-01-16 23:28 | trip | Comments(0)