日本の伝統発酵食の麹、鰹節等を使用し料理教室やテーブルコーディネートのセミナー開催中。昨今アグネスチャンの料理番組に出演。小、中学校の食育の講師や日本酒、食品企業のセミナーやレシピ提供等行っている


by 八丁堀女将

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク・お問い合わせetc

Minori Kagami



“CREAな生活”(我が家の姫の日記)



発酵食品の料理教室とテーブルコーディネートのセミナーも随時開催中。出張レッスンも日本、海外と承りますのでお気軽に次のメールにお問い合わせ下さいませ。。。"h.m.kagami@gmail.com"またはminoka29jp@yahoo.co.jpにて承っております。

リンクフリーです。


カテゴリ

全体
recipe
cooking class
wine
gourmet
table coordinate
event
trip
cooking event
other

以前の記事

2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...

お気に入りブログ

愛と愉しみのスペイン料理
ちゅらかじとがちまやぁ
glaf blog
いつものパリ
食いしん坊の日記
フィレンツェ田舎生活便り2
たまの日向ぼっこ
happy to mee...
VINO! VINO! ...
K's Diary*
Yukari! What...
御蒔絵通信
石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
日本、フィレンツェ生活日記
まめそれいゆのあれもこれも日記
築地オヤジとりきまるニャ...
Looking Up Sky

外部リンク

最新の記事

Hakkaisan Ferm..
at 2016-07-13 19:07
My cooking cla..
at 2016-04-03 14:41
Hatchobori Oka..
at 2016-03-12 22:35

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
レストラン・飲食店

画像一覧

タグ:プーケット ( 9 ) タグの人気記事

自然なタイから都会のタイへ・・・・

c0120866_1137479.jpg


      今回の空路の旅は成田→プーケット→バンコク→成田ということで久々の
      タイ航空。

      
c0120866_8142131.jpg


      プーケットのタイ航空カウンターはバンコク駐在なインド人で賑わっていました。
c0120866_8154554.jpg


      
      以前よりも拡大された出発ロビーはこんな感じ。
c0120866_8162158.jpg


続きはこちら・・・・
by minoise29jp | 2010-01-19 09:51 | trip | Comments(0)

マリーナでサバーイディナー♪

c0120866_11221187.jpg


         昼間の散策@サイクリングのお陰でずーっとホテル内の食事をしなくて済みました。
         いや、別にずっと同ホテル食事でもいいんですけどね。でもできればね・・・・

         マリーナの夜は思ったとおり真っ暗でしたが、レストランはしっかり西洋人で
         埋まってました。(アジアは私たちだけ・・・・)

c0120866_11243024.jpg

         さて!プーケットタイ料理頂きますよぉ~
         ペッマーク!!(超辛口で!!)とお願いしたけど、やっぱりあまり辛くない。
         南のタイ料理ってこんなもんだったっけ?!
         ガイホーバイトゥーイ(バナナの皮に鶏肉を包んだもの)が期待はずれで残念でした・・・
         バンコクに戻ってからリベンジしようっと。

         かろうじてグラスワインがあったので白~赤と頂きました(ちなみに南アフリカ)
         もちろん大盛りで!(*^_^*)
c0120866_1123497.jpg

         心地よいアウトドアでサバーイディナーでいたら・・・・
         乾季なのに突如大雨。しかし誰一人会話に夢中で入り込んで来る雨にも気にしない。
         これもまたタイっぽい。

        
         1時間のスコールに待ちくたびれて酔いも覚めてしまいましたが、しっかりサービスしてくれた
         彼のお陰で楽しめました↓
   
c0120866_11232915.jpg

         名前?忘れちゃった(笑)けどなつっこい南のタイ男子でした!!

          次回は是非ヨット内泊で!!
by minoise29jp | 2010-01-19 08:07 | gourmet | Comments(0)

何もなくはなかったChandaraエリア

c0120866_10524718.jpg



     後ろ髪引かれながら?!Koh NAKAから戻ってもまだ昼すぎ。
     自然にいると時間がスローに感じられますがそれもたまにはよし。
     都会のスピードを時には忘れたいもんです。

     ところでChandaraエリア付近に食事処が乏しいのは既に話したと思いますが・・・・昼もまたもや
     ヴィラ内。
     但し、プールサイドにバーレストランもあるので雰囲気だけでも変えてランチにしました(と言っても
     メニューは メインレストランとほぼ同じですけど・・・苦笑)    

c0120866_10544647.jpg

     タイ料理は一休みし、ピザとパスタを頼んだら・・・・しまった~。パン盛り沢山来てしまいました。
     こんな時、西洋人宿泊が多いのがわかる気がします。

     
c0120866_10553814.jpg

     野菜たっぷりピザはなかなか美味しい。


c0120866_10561735.jpg

     パスタに至っては・・・・もうひと頑張り!!でした。ありがちです。



     食後、更にパワーUP。散歩もそうですが、またもや普段やりもしない(笑)サイクリングでも
     しようかと↓こんなレンタル(無料)自転車で裏プーケットを散策決定。
c0120866_10373622.jpg


     外見は立派な自転車ですが、そこはタイ。ブレーキ甘し、ペダルを漕いだところで進みが遅し。
     
     ところでタイで自転車に乗る!などと言う行為はタイ人にとってはあり得ない!ということを
     バンコク在住時知りました。
     暑いのはもちろん、道路事情も決してよくはない。そして極めつけはタイ人曰く“疲れることは
     しない”
ようです。

     自転車好きは欧米人と日本人?!

     ・・・・自転車ラバーの日本人と言うことで、一先ず乗りましたけど。
     

さて行き先は・・・・
by minoise29jp | 2010-01-18 10:52 | gourmet | Comments(0)

プライベートビーチから5分で辿りついた小さな島


    ただボーっとするのも良いですが、少しはアクティブに?!何かありません?とスタッフに聞くと
    フリーで連れて行ってくれる小島があるよ。と教えて頂いたので即答“行きます!!”

    プライベートビーチから連れて行ってくれます。


c0120866_9283510.jpg


    フリーとは言え参加者(宿泊客)も少ないのでサバーイ感たっぷり。
    

c0120866_9305322.jpg

    Chandaraさん。ちょっと行ってきま~す♪

    と、タイ人BOYに操られるままの高速小型船であっと言う間に着いたのは・・・・
c0120866_9312820.jpg




    Koh NAKA(ナカ島)。ほんとに小さい・・・・
c0120866_9324854.jpg


さてさてまずは・・・・
by minoise29jp | 2010-01-17 23:42 | trip | Comments(0)

プーケットの夜明け・・・

c0120866_1622463.jpg



     タイはこの時期が乾季で一年の内で最も過ごしやすい季節です。と言っても東南アジア
     日中は30度近くまで気温が上昇するので、やっぱり暑~い(>_<)

     郷に入れば・・・・ってことで、折角自然たっぷりのリゾートへ来たので普段はやりもしない
     早朝散歩@浜辺
     日の昇るのを見て感動してみますかねぇ。

     ・・・・と、ヒコーキ雲。
     じわりじわりと日が昇るのを待ちました。


c0120866_16225062.jpg


c0120866_16232710.jpg

     プーケットの夜明けです!! 
     時間は確か7時少し前だったかと・・・・


c0120866_16242377.jpg

     早朝のプール。まだ誰も泳いでません(当たり前?!)
     静けさがまた良い感じ。

     散歩で空ききったお腹。朝ごはんでも頂きましょう★

Chandaraブレックファーストは・・・・
by minoise29jp | 2010-01-16 23:59 | trip | Comments(0)

ChandaraナイトDEグルメ

c0120866_23194173.jpg


        相変わらずキラキラ好きなタイ。
        Chandaraの夜も光ってました★

        さて何もない(あってもド・ローカルなタイ料理レストラン。若気の至りだったら
        入れたと思いますが、ヴィンテージな年齢にはもはやごめんなすって・・・苦笑)
        Chandaraエリア

        
c0120866_23204778.jpg


        今回の食事はホテル内でお世話になるしかないかなぁ~と一先ずホテル内にある
        レストランで初日はカンパーイ♪

        アラカルトでも良かったのですが、ビュッフェのタイ料理もたまにはいいかな!(^^)!
        種類もそこそこ豊富だし、こちらのホテルは料理自慢のようなので(メニューも日替わり
        のようです)脱アンチビュッフェしてみる!?
        因みにビュッフェは@800バーツ(¥2400位)タイ価格だと安くはないかもしれません。
c0120866_23212780.jpg


        タイ料理でも南のタイ料理はスパイシーより甘みのほうが強いような感じなのと
        意外にさっぱりしているんです。

c0120866_232327100.jpg


        野菜は豊富なのはタイならでは。最近チェンマイのほうで無農薬野菜を作るのも
        流行っているようですし、食いしん坊文化は日本と同様。

       
c0120866_23215989.jpg

        この日のビュッフェを仕切っていたのはこちらのプーチャイ(男子)南国スマイルは
        まだまだ残っていて安心しました。

        ビュッフェが良かったかどうか?なんとも微妙ですが、まぁ雰囲気と南国ホスピタリティに
        満足ってとこでしょうか(*^_^*)

        
c0120866_23223526.jpg
 
        さてジャングル@ナイトの雰囲気を見ながら(足元に注意しながら?!)部屋に
        戻るのもドキドキ感ありでなかなか楽しっ。
by minoise29jp | 2010-01-16 14:42 | gourmet | Comments(0)

さて自然の中で過ごす部屋は・・・・

c0120866_2313912.jpg


      しつこいようですが、本当に自然(田舎?)一色のChandaraリゾート。
      部屋に行く際はカート使用でも良いですが、ワタシの部屋はフロントからもわりと
      近かったので、できるだけ歩きました。

      部屋に行くまでジャングル体験できそうな雰囲気で、爬虫類系が突如出現しそうで
      爬虫類NO!の方は向いてないかも?(ワタシ?意外と平気です)

c0120866_232958.jpg


      南国系の花も可愛らしい。持って帰りたいと思ったりする・・・・日本で買うと高いですからね。


c0120866_2331393.jpg

      ヴィラからなる部屋は全51室。今回お世話になる部屋は“204”号室です。
      

c0120866_2333647.jpg

      部屋に入ると直ぐ目に付いたのはやはりこちら↑。
      東南アジアならではのフルーツがお出迎えしてくれ早速癒されます♪

そしてお部屋は・・・・
by minoise29jp | 2010-01-15 09:20 | trip | Comments(0)

まだまだ途上の裏プーケットもなかなか・・・・

c0120866_2256027.jpg


       数年ぶりのタイはプーケットに行ってきました。
       最後に行ったのはかれこれ6,7年前になる。
       
       初プーケット潜入は確か、18年くらい前だったでしょうか・・・その頃はメインのパトンビーチ
       にはそれなりのホテルが3,4つ程しかなかったですが、今ではパトンビーチどころか
       プーケット全体の各スポットにはホテルオンパレード。

       世界的に愛されるリゾート島になったのは言うまでもないプーケット。
       TU・NA・MIの後は一時➘になった時もあったようですが(その前に数回は行っていたものの
       その後初めてなので現況は如何に?!と興味津々。)マイペンライ楽園のプーケットには
       バカンスを楽しむ外国人で賑わってました。



c0120866_22594897.jpg

       今回はツーリストたっぷりのメインビーチエリアは避け、ひっそりしようと隠れ家的
       ホテルを探していたところ、メインとほぼ反対の位置にあるアオ・ポー岬を発見。

        まだ途上の開発エリアは正に自然。
        同じ島とは思えない(と言うより、18年前を彷彿させる・・・・)静かで、何もない・・・
        何もなさすぎて貧乏性&せっかちな性分なワタシに大丈夫だろーか??とチト不安に
        なりましたが、2泊と言うちょうど良いステイにはぴったりだったみたい。
       


c0120866_231542.jpg


       自然なプライベートビーチには突如↑こんな樹齢数年もありそうな?木がひょっこり
       顔を出していたり、砂浜には蟹が元気に歩きまわっていたり・・・・
       と言ってもビーチでGOGO!タイプではないので(笑)プールが素敵ならOKです♪
       
c0120866_2323693.jpg


       HP通り、ハナマルでした。
       プールサイドから見るシービューは最高です。
       そして宿泊客も少なく、静かなリゾートでした・・・・
c0120866_234194.jpg

       Absolute Chandara Resort & Spa
       99/1 Moo 6, Ban Ao Por, Pa Khlok, Thalang, Phuket 83110, Thailand


        ところで暖かい(と言うより暑い国・・・)国に行っている間に東京(日本)は大寒波。
        戻った一昨日は毛穴が開ききった(苦笑)我が身体には東京の寒さが身に沁みました。

        気持ちはまだまだHOTなのでサックリ旅日記綴りたいと思います(*^_^*)
by minoise29jp | 2010-01-14 10:08 | trip | Comments(0)

北大路廬山人も七草粥を食べたのだろーか。

c0120866_9244963.jpg


      2010年の今年は日本・ポルトガル修好150周年

      ポルトガル(高島屋とも★)とゆかりのある“北大路 廬山人 展”が昨年末より
      日本橋高島屋で始まりました。

      廬山人好きは今に始まったことではないのですが、改めて彼の歴史を知ると
      現代に異色?でもその昔はさぞイイ男だったのね・・・・と勝手に思う(笑)
c0120866_9253098.jpg


      陶芸と美食で知られる廬山人ですが、刻字、書、画と多岐に渡り優れていたのは
      天賦としか言いようがないですね。
      師を持たず独自の感性で創作の道に踏み込んだ廬山人。類まれな審美眼の持ち主
      でもあったのでしょう。

      作品を見ても、自身の個性がはっきり表れているように思えました。

      
 
c0120866_926514.jpg

      数十年前あることをきっかけに廬山人著の本を数冊読みましたが、料理と器の
      緻密でリアルな内容は今でも良く覚えています。
      今回は久しぶりとあって↑を購入。
      なんたって“道楽”好きですから・・・・(笑)

c0120866_9263878.jpg

      そう言えば廬山人好きが高じて、4,5年前に廬山人が好んで逗留したという
      金沢の白銀屋にも宿泊したっけ・・・・
      白銀屋の看板も廬山人の作品なんですよねぇ。

      魯山人に指導をした初代須田菁華の窯元店へ行ったものの全てオーダーで1年待ち
      ってことだったので直ぐ購入できる別の店を紹介して頂いて↑これを買ったのも思い出した。


      今回は幻の大作、富士と桜の壁画を見ることが一番♪
      素晴らしい壁画でした。完成後、ポルトガルにたどり着いていたことが2年前に確認
      されたと言う壁画。
      57年ぶりにポルトガルより一時帰国の富士・桜。日本橋高島屋のみの展示らしいので
      鑑賞するのも良いかもしれません。
      今月1月18日までの開催とのことです。(この後は名古屋高島屋へ移動と言うことですが
      壁画はいきません)

      
      さて、昨夜1月7日は五節句の一つ、人日の節句でしたが“七草粥”は食べましたか?         
   
c0120866_9271085.jpg

      はい。ワタクシ自己流でしっかり頂きました。七草は即効性あるのでちょっと注意★
      ところで、廬山人も七草粥を食べたのでしょーか?!

      *お正月に胃袋にため込んだ?お酒と料理を、七草粥で気持ちだけ労わったのも束の間。
      明日からサクッとプーケット&バンコクと超タイトな旅に行ってきます♪
      場所が変わって呑むのは変わらずってことか・・・・
by minoise29jp | 2010-01-08 14:41 | cooking class | Comments(0)